Storyはかなり敷居が高い
Yutaka Ikeda
396

完成度から離れて、「未完成でも書きたい」くらいがいい感じ。自縛して筆を止めるより、書きたい気持ちが表現されている方が読んでて気持ちいいですね。🌱

この辺に紙媒体とスマホモバイルの立ち位置の特徴を感じるなぁ。