クニペックスが最強な訳。海外の工具なんぞ何もいいこと無いと思ってた俺が惚れ込んだアレ。

ぎんときくん
May 23, 2017 · 6 min read

ナメていた。千歳飴でも無いし、エッチなお話でもなく、海外の工具をナメていた。

大体、海を越えて来るものがあまり好きじゃない。黄砂もミサイルも【p — — 】も【p — — -】も。

✽規制により音声を伏せさせていただいておりますm(_ _)m

ネームバリューだけで値段は高いし、修理に時間が掛かるし。国産の工具で十分に事足りると思っていた。

機械を整備しているとスナップリングというモノがたまーに出てくる。

軸の溝にハマっているものと、穴の中の溝にハマりこんでいるもの。

Image for post
Image for post

スナップリングの実物が手元に無かったのだよ。んで描いて見たんだが。まあこんな感じだ。

外す為には専用の工具がある。それがスナップリングプライヤーというやつだ。

Image for post
Image for post

クニペックス、スナップリングプライヤー群。初夏の陣。 なんだそりゃ。

このスナップリングプライヤー、使用頻度ははっきり言って高くないのだが無いとどうにもならない時がある。

軸にハマっているタイプは、ラジオペンチなどで代用出来る事もあるのでまだいい。

Image for post
Image for post

溝にピッタリハマりこんでるのでスナップリングの穴に工具の先端を突き刺し、ぐいっと握って開かせる訳だ。

Image for post
Image for post

こんなツール二つで穴に引っ掛けて引っ張ったりする事もある。もちろん専用工具を使った方がいい。

問題は穴のちょっと深い所にハマっているヤツだ。そういった奴は他の工具では代用が効かない。

バイクのブレーキ周りを分解した際の事。ブレーキのマスターカップという部品の奥にスナップリングが入っていたのだが、これが外せない。関係ないけどバイクはRZR。

Image for post
Image for post

いい加減な絵だが雰囲気だけでも。バイクの右ハンドル、フロントプレーキのレバー周辺。

手持ちのスナップリングプライヤーは先端が捻れてしまい役にたたなかった。捻じれるのは根性とか性格だけでいい。

直径2センチほどの穴の奥に入ったスナップリング。何種類か試してみたが、国内のスナップリングプライヤーは先端の強度が極端に弱い。もしくはすぐ外れる。スナップリングのバネの強さに負けて、先端が捻れてしまい、サービスホールから外れてしまう。お豆腐メンタル並だ。

Image for post
Image for post

身近な工具店を思い当たるだけ回ってみたが全て同じような構造の物しか無い。KTCだのスナップオン信奉者は俺の周辺にも居るがこいつらの持ってる工具ですらどうにもならない。肝心な時に役に立たないとは困った連中だがまあ許してやろう。

ここで『いんたあねっと』の登場である。
『スナップリングプライヤー・検索』発進!!

『先端が捻れずスナップリングのバネに負けない』のがまず第一の条件。

もうひとつの条件は『先端が交換式で無いこと。』

なぜ交換式がダメなのか。俺が嫌いだからだ。細かい場所で力が掛かる所の工具は一体型の方が操作感がいい。しかも捻じれやタワミが出づらい。

Image for post
Image for post

https://rcm-fe.amazon-adsystem.com/e/cm?ref=qf_sp_asin_til&t=ick17170-22&m=amazon&o=9&p=8&l=as1&IS2=1&detail=1&asins=B001EQE1SQ&linkId=540a391c579a1157bc772c878d38d100&bc1=000000&lt1=_top&fc1=333333&lc1=0066c0&bg1=ffffff&f=ifr

どちらも交換式だ。汎用工具の枠を抜けてない。ホームセンターに売ってる先端交換式は言うに及ばない。工具マニアってラジエットだのメガネレンチにはうるさいくせに、プライヤーの類なんぞ興味ないと来てるからメーカーもあんまり力入れないに違いない。

結果、クニペックスをネットでポチる。先端も充分な強度がありそうだし、他にめぼしい物も見当らないのだから致し方ない。海外のツールに手を出す事になろうとは思っても見なかった。青天の霹靂である。切腹したい気分だ。

そんで、待つこと数日。現物を見て驚く。国産品とはまるで作りが違う。別物だと言っていい。

Image for post
Image for post

ちょっと先端が見づらいがしっかりした作り。爪の掛かりもいい。

既に年月が経っているのでヤレた感があるのは仕方ない。

散々苦労したスナップリングだったがアッという間に解決してしまった。このあと、仕事先で、あるメーカーが、今は無きベルツァーのスナップリングプライヤーを使っていた。借りて使って見たがこれもクニペックスに近い使用感だったように記憶している。現行商品でクニペックス以上のスナップリングプライヤーは無いと思っている。

Image for post
Image for post
Image for post
Image for post

これを皮切りにして俺の【掴みものならクニペックス】への傾倒が始まるのだがそれは置いといて、難点をひとつ。

サイズごとに細かく分けられているのはいいが、揃えるのにお金が掛かる点だ。

まあ軸用は普通の汎用でもさして不便は感じないので【ここぞ!!】って時に必要に応じて買うのがいいとおもう。
クニペックス スナップリングプライヤー


Originally published at ことよみ-kotoyomi-.

Welcome to a place where words matter. On Medium, smart voices and original ideas take center stage - with no ads in sight. Watch
Follow all the topics you care about, and we’ll deliver the best stories for you to your homepage and inbox. Explore
Get unlimited access to the best stories on Medium — and support writers while you’re at it. Just $5/month. Upgrade

Get the Medium app

A button that says 'Download on the App Store', and if clicked it will lead you to the iOS App store
A button that says 'Get it on, Google Play', and if clicked it will lead you to the Google Play store