ラガービールとドラフトビールの違いは?

ビールには、ラガーとドラフトというものがある。この2つにはどういう違いがあるのだろう。

ラガーを商品名としているビールメーカーもあるが、ラガーとは「貯蔵する」という意味。
 ビールの製造工程として、まずは一次発酵させ、熟成期間を置いて二次発酵させる。
 含まれる糖分をアルコールに変えて、炭酸ガスを十分に含ませるのだ。

この二次発酵をしているものが「ラガー」になるので、熱処理しても生であってもラガービールということになる。

一方ドラフトの意味は「引っ張り出す」。

樽から直接注ぎ出すビールのことを指し、 ヨーロッパでは、熱処理をした樽詰めビールをドラフトビールと主に呼ぶようだ。

こういった本来の意味からすると、瓶ビールや缶ビールはドラフトビールではないとも言えるのだが、最近では缶や瓶に詰められた商品に「ドラフト」と表記されていたりするので、この区分も曖昧となっている。

どっちにしても、ビールを美味しく飲むのにはあまり関係ないのかもしれない。


Originally published at ことよみ-kotoyomi-.