ラーメンなんかのどんぶりに描いてあるアレ。あの渦巻き模様。一体なんですかぁ?

(」・ω・)おっす、おれ『ごくぅ』・・・雑学の時間だよ。

真坂さん

ちょっとぎんときぃ?あんたいつから悟空になったのよぉ。人気アニメの恩恵に預かろうったってそうはいかないわよ?

ぎんときくん

ああん?何言ってんだ?『ごくぅ』ってのはスープ飲んだ音だ。

☆彡

☆彡

☆彡

砂緒ちゃん

なるほど、そうだったんですね♪゜・*:.。. .。.:*・♪

☆彡

☆彡

☆彡

ぎんときぃぃぃぃ。真面目にやれぇ

ぎんときくん

腹が減ってはもぐらが騒ぐ?だっけ?まあ、あれだ。しかたあるめぇ。今日は中華のどんぶりなんかに書いてあるあの模様に関しての雑学だ。

ぎんときくん

あの四角い渦巻き模様、起源は中国・殷(いん)の時代(紀元前1500年~1000年)の青銅器にも書かれてあるんだ。人呼んで『雷文』。

V(=^ ・ω・^=)v

V(=^ ・ω・^=)v

中国では雷光や雷鳴ってのは天の意思って考えられてた。そんな雷を図案化したものが『雷文』って訳だ。

砂緒ちゃん

でも、他にも色んな絵柄、ありますよぉ?龍とか。

(=ΦエΦ=)

(=ΦエΦ=)

(=ΦエΦ=)

うん。『鳳凰』なんかもそうだな。
 『鳳凰』は古代中国で最も高貴で幸運を招く空想上の鳥だ。
 『鳳』は♂、皇帝の紋章。『凰』は♀、皇后の紋章としてそれぞれ用いられた。
 天帝の使者として描かれているのはこれも空想上の動物の『龍』。

ぎんときくん

それからこいつだ。

こいつは双喜文。結婚式の時のみ使われてるマークなんだ。新郎新婦が並んで喜んでる姿を文字で表したもんだ。なんでこんな図柄がラーメンだのチャーハンだのの器に描かれているかっていうと・・・・。

実はよく分かってねえんだ。

誰が、いつ、書き始めたのかも全く不明。

ぎんときくん

まあ、あれだ。なんか中国っぽいぃ~♥とかそんな理由でラーメン王の石神が書いたんだろ。ノリで。

真坂さん

んなわけないでしょうに。ラーメンは大正時代からの料理よ?元々中国には無いの。中国っぽくしたいって理由で誰かが描き始めたのがそのまま日本中に広まったって考えるのが正しいわね。


Originally published at ことよみ-kotoyomi-.