塩分の取り過ぎは身体に悪い?実はバランスが大事。

ぎんときくん
Aug 7, 2017 · 2 min read

高血圧になる。
脳卒中になりやすい。
そんな理由で塩分を控えている方も多いことだろう。

確かに過度の塩分摂取は身体に悪そうだが、ここに東京医科歯科大学・難治疾患研究所の研究報告がある。

40代の男女2300人を調べたところ、今までの常識とは逆に、塩分を多くとっている人のほうが、かえって血圧が低いことがわかったという。

また、高塩分なのに血圧の低いグループに入る人たちの食生活を詳しく調査した結果、塩分を多くとっている人ほど食事のバランスがよく、牛乳を多く飲み、アルコールは控えめで適度な運動をしていたというデータがある。

塩分のとりすぎはいけないが、極端に塩分を避けるのは、逆に食生活のバランスを崩してしまう。塩分を気にしすぎて味気ない食事をするのではなく、様々な食品をバランスよく食べ、食生活を楽しむという事が大事なようだ。


Originally published at ことよみ-kotoyomi-.

Welcome to a place where words matter. On Medium, smart voices and original ideas take center stage - with no ads in sight. Watch
Follow all the topics you care about, and we’ll deliver the best stories for you to your homepage and inbox. Explore
Get unlimited access to the best stories on Medium — and support writers while you’re at it. Just $5/month. Upgrade