磁石を小さく切っていったらN極とS極はどうなる?

磁石にはS極とN極があるのは誰しも知っている事だ。ではこの棒磁石を2つに切るとどうなるのかというと、切り口にまた新たにN極とS枢ができる。磁石が2つになるわけだ。
 それをさらに2つに切ると、N極とS極がまた新たに出来る。

なぜ切っても切っても磁石として機能し続けるのだろう。

磁石というのは、小さな磁石がたくさん集まって出来ていて、その小さな磁石は同じ方向に向かって並んでいる。なのでどこを切っても両端がN極とS極の磁石ができあがる。

横に切っても縦に切っても磁石になるのはこういう訳なのだ。

この1個1個の小さい磁石は、原子のレベルのものなので、磁石をどれだけ小さく刻んでいってもN極とS極が無くなることはないのだ。


Originally published at ことよみ-kotoyomi-.