『静』を表す漢字なのに『争う』が入っているのはなぜ?

ぎんときくん
Aug 11, 2017 · 2 min read

「静」という漢字は「青」と「争う」の組み合わせで構成されている。なぜ「静か」を表現する漢字に「争う」が含まれているのか。

「青」は「井戸の中の澄んだ水の色」を表しているので「青」を使った字には澄みきったものをイメージをさせる字が多い。

音は六朝時代の中国南部の発音がもとになった呉音で「ジョウ」、隋・唐時代に中国北部で使われていた漢音で「セイ」だが、「静観 」「静寂」「冷静」などほとんどが漢音で読まれる。

「争」は、「爪」と「手」から成り立つ字で、何かを両側から取りあう様子を表したもの。
爪を立てて、手でひっぱるひっかく、といった「争」のイメージに合う。

「青」と「争」を合わせた「静」が表すのは、「争い」のあとの「静けさ」。

「静けさ」を表現するのに、正反対の「争」の字を使うことによって、静けさを強調しているのだ。


Originally published at ことよみ-kotoyomi-.

Welcome to a place where words matter. On Medium, smart voices and original ideas take center stage - with no ads in sight. Watch
Follow all the topics you care about, and we’ll deliver the best stories for you to your homepage and inbox. Explore
Get unlimited access to the best stories on Medium — and support writers while you’re at it. Just $5/month. Upgrade