飛行機の機内食、あれだけの量をどうやって温めているのだろう

ぎんときくん
Aug 28, 2017 · 2 min read

飛行機で海外へ旅行する際、機内食を楽しみにしている方も多いのではないだろうか。

そんな機内食、トレイの上の食事は冷たいものは冷たいまま、温めたほうが良いものは温められて出てくる。さして広くない機内の限られたスペースでどの様に温めているのだろうか?

これはカートに秘密がある。

機内で提供される食事は、専門の業者によって調理され、冷蔵されている。それを冷蔵状態のままトレイにのせて、台車つきのカートに積み重ねる。

さらにそのカートを、そのまま機内のギャレーに運び込む。だがこのままでは機内食は冷たいままだ。

時間になって飛行機が離陸、食事の時間になると、客室乗務員はカートにコネクターを差し込みスイッチを入れる。実はこのカート、運搬の他にオーブンの役割を兼ねているのである。

カート内のトレイでは、メインディッシュ部分の下にある「加熱板」が加熱され、ほかの部分に熱は加わらず、温めたいものだけを温めることができる構造になっている。

あとは時間になったら客室乗務員がカートを押して食事を配るだけなのだ。


Originally published at ことよみ-kotoyomi-.

Welcome to a place where words matter. On Medium, smart voices and original ideas take center stage - with no ads in sight. Watch
Follow all the topics you care about, and we’ll deliver the best stories for you to your homepage and inbox. Explore
Get unlimited access to the best stories on Medium — and support writers while you’re at it. Just $5/month. Upgrade