Глобальная платформа для независимых рейтинговых отчетов

В последние 10 лет криптовалютная индустрия быстро развивалась, появилось множество бирж, проектов, отрасль стала привлекать внимание медиа и инвесторов. На пике общая капитализация рынка составляла свыше 800 млрд долл., а всего за два года (с мая 2016 г. по май 2018 г.) более 1000 проектов воспользовались механизмом ICO для привлечения средств. Мы, в Binance, стремимся выстроить единую блокчейн-экосистему. С момента запуска 14 июля 2017 года мы выросли в крупнейшую в мире криптобиржу по объему торгов и запустили ряд проектов, вносящих свой значимый вклад в развитие экосистемы: благотворительную инициативу, образовательный портал о блокчейне, информационную платформу.


15 августа — 14 сентября 2018 года

За прошедший месяц у Binance было много активностей, включая проведение митапов по всему миру, а также развитие Академии Binance!

Биржа Binance

Новые листинги

  • GoChain (GO), победитель 9-го раунда конкурса “Монеты месяца по мнению сообщества”, получил листинг 12 сентября. Таким образом, число проектов, чьи монеты торгутся на Binance, выросло до 148, а общее число пар составляет 381.

Обновления веб-интерфейса

  • Теперь интерфейс на вебсайте Binance доступен на польском языке!
  • Мы обновили секцию “Последняя рыночная активность” (Recent Market Activity) на binance.com и добавили новые индикаторы: “Самая низкая цена за последнюю неделю” (New 7-day low) и “Самая низкая цена за последние сутки” (New 24h low).
  • Сторонние обзоры криптопроектов теперь доступны…


Blockchain technology is rapidly changing the world. The key word for the blockchain revolution is tokenisation. Any form of value registered to our names, whether property rights, money or even votes, is destined to be fully digitised, decentralised and tokenised, transferable and tradeable on an instant, cryptographically-secured, peer-to-peer basis.

Today we’ll talk about some relatively new aspects of blockchain development and Waves’ humble contribution to it. Most people associate blockchain with cryptocurrencies, but the technology is not restricted to money exchange alone and can be applied to almost any sphere of our lives.

How the Waves Blockchain Works

Blockchains have historically been limited by:

  • Low…


Not only is Waves’ built-in exchange a secure peer-to-peer marketplace for all Waves tokens, but it compares favourably in terms of speed and user experience to the top centralised exchanges!

One of the core elements of the Waves platform is its decentralised exchange (DEX): a peer-to-peer engine that allows users to trade Waves assets against each other quickly and securely, with low fees and no middlemen.

A number of decentralised exchanges already exist on different platforms, including Ethereum and Nxt, but they tend to suffer from various problems. They are typically slow, due to the requirement to wait for the…


RewardMobは今後6ヶ月間で15倍の成長を目標としており、ゲーム開発者は、RMOBトークンを統合してプレーヤーに報酬を提供することができるようになります。

eスポーツは急速に成長している人気のある事象で、モバイル市場は2017年の間に驚異的な拡大を遂げています。モバイルゲームは現在1,000億ドル以上の分野であり、20億人以上のアクティブプレイヤーがいます。しかし、報酬と従来の金融界との統合に関連するさまざまな問題により、eスポーツが最大の可能性を発揮することができていません。そこで、RewardMobはWavesプラットフォームがホストするブロックチェーンでその問題を解決することを目指しています。

RewardMobは、F2Pと有料ゲーム(近日中)版のトーナメントの両方を提供しています。同社は、開発者が自分のモデルを統合できるようにSDKを提供しているので、1人で奮闘していた場合よりも、より多くて広範なスキームを展開することができます。

Wavesエンジンのトランザクション

同社はすでにこのトークンを試験して、Wavesとの統合後、最初の1週間で、ゲーマー向けに7,500以上の新しいウォレットを開発し、150万個のRMOBロイヤリティトークンを配布しました。Wavesプラットフォームの速度、セキュリティ、スケーラビリティにより、RewardMobはWavesに魅かれ、NGプロトコルは彼らのアプローチを容易にする上で重要な役割を果たしました。

WavesのCEO兼創設者、Sasha Ivanovは次のようにコメントしています。「私は、すぐさまWavesプラットフォームのメリットを最大限に生かし、Waves NGプロトコルの高速なトランザクション速度を盛り込んだRewardMobのチームに感激しています。毎分約6,000のトランザクション速度であれば、RewardMobのような大型プロジェクトで拡張できます。Wavesは「人々のためのブロックチェーン」を象徴しており、新規ゲーマーはさまざまな立場の人々や、世界のあらゆる場所から来ていると私たちは常に言っていました。

さらに、Wavesプラットフォームの利便性は、別の方法であれば存在していたブロックチェーンの統合に関連する悩みの種を取り除きました。

「私たちは、Wavesを決める前にいくつか他のプラットフォームで試してみました」と、RewardMobの共同創設者兼CTO、Colin Bracey氏は述べています。「ゲーマーはトークンを即座に獲得したいと思っており、私たちが抱えていたパフォーマンスに関する厳しいニーズについてきた唯一の基盤がWavesでした。暗号特有のニッチな言語を習得する必要がなく、統合を迅速で効率的、信頼性が高くそして安全にコーディングを行うことが夢です。

Wavesに選んだ最終的な理由は、Wavesが考慮に入れている幅広い機能でした。

「決定的なのは、Wavesプラットフォームは、プレーヤーに対するRMOBロイヤリティトークンを安全に運営、管理、提供もしてくれることです」と、共同創設者兼CEO、Todd Koch氏は説明しています。「私たちは、今後6ヶ月間でビジネスを100万ドルから1,500万ドルに成長させたいと思っており、Wavesプラットフォームの支持とサポートがあれば、急速なペースで実現するでしょう。Sasha Ivanov氏と成長しているブロックチェーンの専門家チームのおかげで、Waveは、プレーヤーと開発者の双方が利用できるゲーム技術を最大限に活用できる新しいビジネスモデルを生み出してくれました。」

RewardMobは、2018年2月27日(火)より、初回の有料トーナメントチケットの販売を開始します。限られた数のプレーヤーが事前購入のエントリーを行うことができます。RewardMobのアプリは、App StoreGoogle Playからダウンロードできます。今後のトーナメントチケット販売に関する詳細については、ticketsale.rewardmob.comをご覧ください。


Alexander Ivanovが著名なイベントのパネルセッションで「ロシアとグローバルデジタルアジェンダ」について他の技術専門家とディスカッションを行いました。

Wavesは、今週ダボスで開催される世界経済フォーラム(World Economic Forum)に出席し、グローバルなステージへと進出し続けています。

現在、世界の政治・金融のエリートたちが集まる年次総会を開催しているスイスの街(今では分かりやすく「ダボス」として知られています)は、ロシアのビジネスリーダーと政府のリーダーが集まり、幅広い層の参加者に技術が提供しなければならないものについて議論する会場でもありました。パネルディスカッションライブストリーミングで実施され、Waves CEOのAlexander Ivanovが世界市場におけるロシアのイノベーションについてディスカッションを行いました。

ディスカッションで話し合ったテーマは、テクノロジー業界でロシアが歴史的に果たした役割についてでしたが、新しい開発の先端にとどまりました。ロシアは、犯罪の削減、インターネット接続、スマートな交通管理など、社会やインフラを改善するために常に新しい技術を利用してきました。学校、企業、一般市民は一般的に、この動向からおおいに恩恵を受けており、特にモスクワでは、結果としてこれらの分野における先駆者となっています。

ブロックチェーンは、ロシアが自身でグローバルリーダーとして位置付けている分野であり、AIや量子技術においても重要な分野となっています。モスクワは現在、営利団体・企業と一緒にブロックチェーンのイニシアティブに提携しており、公共団体と企業の双方が投資し続けることが重要です。Universaブロックチェーンの創設者、Alexander Borodich氏も参加し、ブロックチェーン技術のメリットと迅速な開発、およびシンプルでユーザーフレンドリーなアプリケーションの必要性について話しをしました。

他の多くのパネリストとは違い、Alexander Ivanovはブロックチェーン技術が持つグローバルな性質は、グローバルに話される言語が必要であると主張したので、英語を話すことを選びました。彼は、ロシアのブロックチェーンに関する大量の誇大広告、ソフトウェアエンジニアの質の高さや幅広いユースケースなど、いくつかの要因についてのコンバージェンス(集中性)に言及しました。その結果、ロシアは、ブロックチェーンがもたらすことができる効率性と透明性が切望されているため、大きなテスト場となっています。ロシアは、ブロックチェーンスペースのグローバルリーダーにおそらくなり得るだろうという点で、彼は他のパネリストと意見が一致しました。

ブロックチェーンは、ビッグデータのストレージから投票に至るまで、暗号通貨と価値移転をはるかに超えるアプリケーションを持っていますが、適正でインテリジェントな規制が重要です。最終的には、州政府の大型システムがブロックチェーン上に構築されます。それにもかかわらず、これは大量導入が見られる最初の年となります。昨年の大幅な増加にもかかわらず、市場は依然として小さく、広範囲に及ぶ革命のまさに始まりです。

Alexanderは質疑応答のセッションで、ブロックチェーンの透明性は、暗号通貨がジャーナリストや知識の足りない批評家からの一般的な質問である制裁を回避するには適していないことを意味すると言及しました。しかし、それは、経済発展を促進する強力なツールとなり得ます。


初めての月次レビューへようこそ!このレビューは、過去1ヶ月間のWavesプラットフォームに関する最新のニュースや開発のすべてをキャッチする機会となります。技術に関する最新情報、新たなビジネスパートナーシップ、クラウドセールス、メディアの注目、競合、コミュニティのイニシアティブ、ソーシャルイベントについての要約を取り上げています。

楽しんでお読みください。次回レビューは3月の初めに掲載しますのでご覧ください。

開発者および製品に関するニュース

LevelDBを用いて新しいノードを構築しました。これは現在テストネット上でのみ実装していますが、来週メインネットにリリースされる予定です。このアプローチでは、ノードのストレージに関するいくつかの問題に対処しています。LevelDBに移動するとディスク容量が節約されるため、ノードが高速化され、メモリの消費が少なくなります。RAMの推奨最小量を4GBから2GBに削減することができました。テストネットに格納されるデータ量は90GBから17GBに、メインネットでは34GBから7GBに減少します。

1月にはデスクトップアプリケーションも開発し、ベータ版クライアントにあったいくつかのバグを修正し、マイニング、リース、フィードバックのページでウェブサイトをアップグレードしました。さらに、DEXのペア用にユニークなリンクも追加しました。最後に、取引ページでは、すべての取引をCSVでダウンロードできるようになります。

将来に備えて:スマートコントラクトと大量の支払い取引に引き続き取り組んでいきます。クライアントがモバイル用に適応されます。

パートナーシップ・取引所・統合

アスタナ国際金融センター(Astana International Financial Centre)(英語)

現在ダボス(スイス)で開催され、Wavesも参加している世界経済フォーラムの枠組みの中で、協力に関する覚書がCryptoHQイベントで締結されました。パートナーシップの目標は、最新のブロックチェーン技術を用いて金融テクノロジーの高度なエコシステムを構築することです。

RewardMob

eスポーツは急速に成長している人気のある事象で、モバイル市場は2017年の間に驚異的な拡大を遂げています。モバイルゲームは現在1,000億ドル以上の分野であり、20億人以上のアクティブプレイヤーがいます。しかし、報酬と従来の金融界との統合に関連するさまざまな問題により、eスポーツが最大の可能性を発揮することができていません。そこで、RewardMobはWavesプラットフォームがホストするブロックチェーンでその問題を解決することを目指しています。

Group-IB

私たちは、WAVESボーナスを提供すると主張しているソーシャルメディアのページに関して多くの報告を受けています。これが詐欺であることをはっきりと明確にしたいと考えています。私たちは、これらの不正ページを真剣に受け止め、ハイテク犯罪とオンライン詐欺に対抗するグローバルリーダーであるサイバーセキュリティ会社Group-IBとの協力も含め、この問題へ積極的に取り組んでいます。

Digilira (トルコリラゲートウェイ)(英語)

トルコのコミュニティ規模と熱意のおかげで、WavesはDigilira.comと提携して、トルコリラ(TRY)向けのゲートウェイを現在開設しています。既存するすべてのWavesゲートウェイと同様に、フィアットトークンは、通貨で1:1にバックアップされるため、ライトクライアントが発行して取引するすべてのWTRYトークンは、ゲートウェイ経由で1リラと交換されます。

BCEX取引所(英語)

BCEXはカナダに拠点を置く中国の取引所で、WAVESは1月11日付で米国ドル(USD)に対して上場し、翌1月12日に取引開始となります。取引は、取引所が独自で許可したゲートウェイを介して米国ドル(USD)に対して行われます。

将来に備えて:コールドウォレットの統合作業を開始しました。新たなフィアットゲートウェイの立ち上げを計画しており、オンラインストアの取引処理の統合についても交渉中です。

Wavesラボ

Simdaq

Wavesラボのインキュベーターとの連携により、今年初となる主要なWaves ICOは1月26日に終了し、わずか28時間でハードキャップに達しました。コミュニティ取引プラットフォームのSimdaqは、1日強で500万ドルを何とか集めました。このプロジェクトの目的は、暗号取引を民主化することです。暗号取引はリスクを伴うことで有名ですが、洞察と情報を共有し、コミュニティメンバーが履歴データを用いて戦略のバックテストを行ったり、独自のアルゴリズムを用いて取引botを作成したりすることもできます。

MyTrackNet

ブロックチェーンベースの地理追跡アプリケーション、MyTrackNet用のプレICOは1月31日に終了しました。プレICOは、Wavesラボ開催のWavesスタートアップ向けコンペの条件の下でWavesラボの進行で無事に終了し、MyTrackNetが獲得しました。現在の目標700,000ドルから、合計625,000ドルが集められました。

ストーリー

Wavesリブランド化の詳細について(英語)

Wavesは設立して18か月が経過しましたが、その間には、長い道のりがありました。私たちは、プラットフォームをゼロから構築し、新技術を研究・実装し、新規市場やビジネスパートナーを獲得し、「人々のためのブロックチェーン」として、常に私たちのターゲット層であった、主流なユーザーベースに製品をどんどん送り込み始めました。私たちはその一環として、リブランド化を行うことを決定し、行っているすべてのイメージと、ユーザーとの関わり方全体を改良しました。

将来に備えて:Wavesエコシステム

出版物

Inc:Forget Bitcoin.These Startups Will Help Your Company Make Its Own Digital Currency

Wavesは、モスクワに拠点を置くオープン型ブロックチェーンプラットフォームで、数回のクリックだけでだれもが1分以内に新しいトークンを作成して開始することができると、暗号通貨の連続起業家でWavesの創設者でもあるSasha Ivanovは述べています。クライアントはまず、ChromeブラウザのプラグインのWavesウォレットをダウンロードします。アカウントを作成し、Wavesトークン(現在の価値は約10ドル)を1枚購入後、トークン作成タブをクリックして、コインに名前を付け、説明を追加し、発行するコイン総量を決定し、開始できるように設定します。コインは、投資家が購入・取引できるWaves取引所ですぐに利用できるようになります。

コリアタイムス:Blockchain tech will prevail soon

ブロックチェーンは、ビットコインなどの仮想通貨の取引所で使用される分散型のシステムで、まだ表面的に論じられていませんが、すぐに主流なプラットフォームになるであろうと、Wavesと呼ばれる分散型取引所の創設者であるAlexander Ivanovは述べています。「これは、今後2~5年のうちに起こるでしょう。初めは好奇心で、1990年代の不格好なウェブサイトとごく基本的なeコマースを備えたインターネットのようなものになるでしょう。ですが、今では、ウェブサイトのないビジネスは想像できないでしょう。」と電子メールのインタビューで彼は語りました。

ファイナンス・マグネット:Waves Lab Begins Operations with a Budget of $9 Million

Wavesのプレスリリースによると、Wavesは、新たなインキュベーターであるWavesラボを利用するスタートアップから構成される最初のグループに対して、100万Wavesトークン(約900万ドル)の予算を発表しました。スタートアップは、独自のアプリケーションを立ち上げるようになりました。Wavesは、「起業家精神のDNAを再び創造する」ことを目指しているブロックチェーンプラットフォームです。これにより、ユーザーは独自の暗号通貨を作成でき、作成した暗号通貨はWavesトークンで支払われる手数料で取引されます。これらのトークンは、供給量が1億個と固定されています。

コミュニティ

Contest — Guess the SEED and Win 500 WAVES!

私たちは、独自のContestCoinトークンを作成し、次のWavesウォレットに保持しています。3PK8iuzF64q47tFQSBadHCBCUs1npbKttxf.このウォレットは、マルチワードのSEEDを用いて通常の方法で作成されました。Wavesニュースと発表チャンネルをTelegramでフォローしてください。SEEDからそのチャンネルのフォロワーに対するワードをSEED全体が公開されるまで、秘密裏にリリースします。参加者はすべてのワードを見つけ、完成したSEEDを使用して賞金トークンを保持しているウォレットを入手する必要があります。

Scam alerts(詐欺警報、英語)

私たちは、Wavesボーナスを提供しているFacebookのページについて多くの報告とクレームを受けました。このページは私たちのページではありません。Wavesプラットフォームの公式ソーシャルページとコミュニケーションチャンネルは、すべてWavesプラットフォームのウェブサイトに掲載されています。https://wavesplatform.com.また、Wavesチームはあなたのパスワードやseedのフレーズを尋ねることは決してありません。Waves以外のリソースにウォレット情報を入力しないようにご注意してください。

Twitter:フォロワーが10万人に達しました

Boxmining:Sasha Ivanovのインタビュー(英語)

将来に備えて:Waves Weeklyが復活します。Wavesコミュニティクラブ(英語) が立ち上がります。

イベント

ダボスでの世界経済フォーラム(英語)

Waves CEO兼創設者のAlexander Ivanovが世界経済フォーラムのパネルセッションで「ロシアとグローバルデジタルアジェンダ」について他の技術専門家とディスカッションを行いました。彼は、ロシアのブロックチェーンに関する大量の誇大広告、ソフトウェアエンジニアの質の高さや幅広いユースケースなど、いくつかの要因についてのコンバージェンス(集中性)に言及しました。その結果、ロシアは、ブロックチェーンがもたらすことができる効率性と透明性が切望されているため、大きなテスト場となっています。ロシアは、ブロックチェーンスペースのグローバルリーダーに恐らくなり得るだろうという点で、彼は他のパネリストと意見が一致しました。

オランダ、エーデでのビジネスミーティング(英語)

1月23日、アムステルダムから約90Km離れたエーデで、初めてとなるビジネスミートアップを開催しました。イベントを開催したRuig Barとのパートナーシップにより、参加者はWAVESでドリンクやスナックの支払いを行うことさえできました!約25名のゲストがミートアップに出席しました。夕方は、WavesNode.net(Wavesオランダオフィス)のJarno HogewegとRob van de Campと、Pavel Soldatkin(Wavesモスクワオフィス)による2017年のニュースと開発に関するプレゼンテーションから始まりました。その後、非公式の質疑応答とネットワーキングセッションが行われました。

将来に備えて:アメリカ(サンフランシスコ、カリフォルニア大学バークレー校、スタンフォード大学、ロサンゼルス)とヨーロッパ(ウィーン、ベルリン、アムステルダム)で一連のミートアップを計画しています。

チーム

私たちは、製品設計者2名とフロントエンド開発者1名に加わってもらい、製品チームを強化しました。また、バックエンドチームに2名のScala開発者を採用しました。

将来に備えて:地域マネージャー(日本、韓国、米国、EU)を探しています。


Welcome to our February review! This is an opportunity to catch up with all of the latest news and developments concerning Waves Platform over the past month. We’re including a recap of technical updates, new business partnerships, crowd sales, media attention, competitions, community initiatives and social events.

Enjoy the read, and look out for the next review at the beginning of April!

Developer and product news

We have launched the MassTransferTransaction function on testnet. Mass payments, such as token airdrops, currently require sending lots of similar Transfer transactions. This incurs some extra cost to both the sender (in terms of fees paid), and the…


As you probably noticed there’s a new token at DEX, trading against many other tokens with quite a substantial volume, called Liquid. It is being airdropped to the community weekly (the last airdrop is going to happen today). The goal behind the token is to provide a mechanism for market makers and issuers to cooperate in a more streamlined way.

That’s how it works. Say you issued your ICO token, completed a successful ICO, and want your token to be liquid at DEX (some people forget that there’s life after ICO, but let’s suppose you’re not one of them). People…


Simdaq、MyTrackNet、Viso、Likeyはアドバイス、PR、マーケティング、ICOに関するサポートを受け、将来のプロジェクトには総予算100万WAVESが割り当てられます。

Wavesラボは、Wavesプラットフォーム上にある新規プロジェクトのためのインキュベーターであり、新規参加者が自身の申請を開始する最初のトランシェとして、将来の参加者に対して総予算100万WAVESを発表しました。暗号通貨が全体的に急落した後も約900万ドル相当の価値があるコミットメントでは、Wavesラボを長期的な基盤として位置付け、今後数年でさらに有望な参加者がプログラムに受け入れられることを保証しています。

「Wavesラボの一員になれてうれしいです。Wavesコミュニティは非常に強力で、このコミュニティはWavesでビジネスを構築する人に不公平な優位性をもたらします。Simdaqはコミュニティにかなり重きを置いており、私たちのようなプロジェクトに役立つWavesラボを見ることができるのはすばらしいことです。今後の協力関係を楽しみにしています。」とSIMDAQのCEO、Evgeniy Dubovoy氏はコメントしています。

最初の参加者には、ソーシャル取引プラットフォームの Simdaq、ブロックチェーンベースの地理追跡アプリケーションのMyTrackNet、電子決済と暗号通貨方式のハイブリッド支払いプラットフォームの Viso、ロイヤリティプログラムのワンストップショップのLikeyが加わっています。

「この市場は若く、ダイナミックに発展している分野のため、専門的なアプローチが欠けています。私たちはWavesラボの一員になれることがうれしく、プロジェクトに利益をもたらす価値あるコンピテンシーを確実に手に入れることができるでしょう」とLikey CEOのIlya Esterov氏は述べています。

Wavesラボでの取り組みでは、ICOに関するアドバイス、PR、マーケティングサポート、技術的支援はもちろんのこと、多くの人が関与しているWavesコミュニティの支援や交流を得ることができ、好調な滑り出しを切ることができます。最初のプレICOが進行中ですが、MyTrackNetは、Wavesラボチームとパートナーの助けを借りてすでに53万ドルを集めています。プレICOは1月30日に終了する予定です。

「私たちは、ビジョンとパッションでMyTrackNetをスタートさせましたが、このような大きなプロジェクトを構築するための資金は必要ありませんでした。Wavesラボは、資金調達という観点からだけではなく、超高速なブロックチェーンのプラットフォームに関しても多大なる協力をしてくれました。Wavesにはほぼ瞬時に行う取引があり、これは、MyTrackNetのようなプロジェクトを実行する上で極めて重要な要素となります。Wavesプラットフォームの陰で動いている人々は、私たちの成功にとって重要な原動力であり、私たちのプレICOのプロセスにおいて、そして概して私たちのプロジェクトに関する知識と支援を提供してくれます」と、MyTrackNetのCEO、Dimitrios Moschos氏は述べています。

「取引のスピードは金融部門において最も重要です。VISOがWavesラボに申請したのは、Wavesのブロックチェーンが技術開発の段階で必要な技術支援と実行可能な最高速度を提供してくれるからです。さらに、Wavesラボのインキュベーターは、ブロックチェーン上でビジネスを開発する上で、関連するあらゆる問題についてのブロックチェーンプロジェクトに関するアドバイスをし、インキュベーターの能力を利用して私たちのプロジェクトの成長を早めるための支援をしてくれます。また、常駐者は初期テストを行い、将来のリリースに合わせてアプリを調整することができます。これは、技術系のスタートアップにとっては非常に重要なことです」と、VISO共同創設者のEgor Petukhovsky氏はコメントしています。

Wavesプラットフォームの既存パートナーもWavesラボに胸を躍らせています。

「暗号通貨ベースのスタートアップに焦点を当てたインキュベーターがすばらしいアイディアなのは、Wavesが暗号通貨の市場と投資家について深い専門知識を持っているからなのです。従来の加速プログラムでは、資金調達やスタートアップビジネスを展開する絶好の機会であるにもかかわらず、ブロックチェーンに焦点を当てたプロジェクトやコミュニティで協力するには十分な経験がありませんでした。だからWavesラボのインキュベーターであれば、私たちはパートナーが大成功を収めると確信しており、Wavesラボの常駐者との相乗効果を得られることは光栄なことなのです」と、ゲーマー向けブロックチェーンベースのサービスを提供しているRAWGのCOO、Dasha Lyalin氏は述べています。

「従来の機関投資家と、ブロックチェーンベースのプロジェクトにおける暗号投資家の両方に投資する機会を提供したいと考えています。私たちのミッションは、最も成功したベンチャー投資の技術を新しい世代のプロジェクトにもたらすことです。私たちはWavesとのパートナーシップに刺激を受け、スタートアップのプロジェクトにとって、インキュベーターは要求にかなうアドバイスとユニークな経験を得ることができるすばらしい機会であると思っています」と、TMT Crypto Fundのファンディング・パートナー、Artyom Inyutin氏は述べています。TMT Crypto Fundは、ブロックチェーンで推進するスタートアップに焦点を当てた投資ファンドで、次世代ブロックチェーン経済でベンチャーが成功することを目指しています。

Wavesラボに関するお問い合わせやご質問は、lab@wavesplatform.comまでご連絡ください。

Gleb Kostarev

PR #blockchain #cryptocurrency #fintech

Get the Medium app

A button that says 'Download on the App Store', and if clicked it will lead you to the iOS App store
A button that says 'Get it on, Google Play', and if clicked it will lead you to the Google Play store