移動中にアイデアをつかまえる方法(よくある話)

表題の件って、世界中で結論の出ていない永遠の課題ですねえ。

自分自身を振り返っても、アナログツール、デジタルツールの両面から、どのくらいのツールを試してきたかわかったもんじゃない。もちろん、投資した金額と費やした時間も。

ツールともに消えていったアイデアの屑達も。

入力道具(ペン、指、音声などなど)と記録道具(ジョッター、メモ帳、アプリ、Twitterなどなど)の単純な組み合わせなのだけど、入力/記録ともに膨大なツールがあり、実質的に無限の方法があるということになる。

iPhoneと出会って以降、悪戦苦闘していたデジタルツールの優位性と効率性に惹かれて、ここ数年はiPhone/アプリでアイデアをメモしてきた。

ただ、、、手書きの時よりアイデアを振り返らないし、記録が断片的すぎて思い出せないことも多数。(苦笑)

そこで、アナログツール回帰が自分の中でやってきている。
最近、愛用しているツールが以下のようなものだ。


入力道具

  • Signo RT1 0.5mm
    ペン軸が自分的に心地よく、デザインも上品。Gelインクのフローもブルーブラックのカラーもお気に入り。インク容量も多いのかな?Gel式なんだけどなかなかなくならない。
  • Pelican スーベレーンM300
    もともとM600を長年使っていたのだけど、誕生日に頂いたポケットサイズのスーベレーン。
    ペン先も柔らかくて書きやすい!胸ポケット入れていても目立たずいい感じ。

どちらの入力道具もスルスル、ヌラヌラの書き味。インクはどちらもブルーブラック。


記録道具

  • 神戸手帖 備忘録
    出身地の有名文房具店が出したオリジナル手帖。ページ数も多く、紙質もライフで裏写りしない。もちろんパタンと開き、しおりも搭載。何より頑丈な作りなので、毎日持ち歩いている。モレスキンはすっかり書かなくなってしまった。
    この手帖との出会いが、アナログツール回帰を促進しているのかもしれない。
  • 保存するメモ帳 abrAsus
     長年使っていたけど、デジタルシフトの中で放置していた。しかし、またジョッターとして復活させた。入力道具の相棒は、手帖用ミニボールペンは止めて、ペリカンM300に統一。

というわけで、高速な影か光のようによぎっていくアイデアを捕捉するために、当面はこれらのアナログシフトで歩いていく。

Like what you read? Give カワサキゴロー a round of applause.

From a quick cheer to a standing ovation, clap to show how much you enjoyed this story.