透明な存在へ

ナガサワ文具センターのオリジナルという安い万年筆が届いた。ペン先に神戸の異人館の象徴・風見鶏が刻まれている。鉄ペンなので、愛用するペリカン スーヴェレーンと比べるものではないが、日常的に使うには問題なし。

実はこの記事はだいぶ前に書いて下書きに放置されていた。タイトルが意味がわからず、中身も見ずに置いていたのだが、今日見て、万年筆の記事だとわかった。(苦笑)

一応、投稿しておくか。

この万年筆は購入以来、毎日酷使している。ペン先がカリカリしていて、筆圧の強い僕向きであるはずだが、僕の好みは柔らかいペン先だと再認識してしまった。

それでも日常使いには頼りにしている。

One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.