じゃ、金さえ払えば、何時間でも働かせていいんだな
プレミアムフライデー
隆之介(codenetJP)
72

強制的に時間を規制すると、かえってサービス残業を助長する事も考えられるし、そうなった時に規制の違反すらする様になるのが心理だと思う。違反のハードルを下げてしまう事は更なる違反を助長する。それが強制的な規制であれば尚更。だから一見遠回りの様に思えるけど、残業代の支払いを徹底させる事で労働時間を抑制した方が効果的だと私は考えたのです。そしておっしゃる通り「金さえ払えば」というものも出てくるでしょう。でも、それだけの資金があるところは労働者の健康管理を密にさせればいいと思うのです。そうする事でも過労死を防ぐ事は可能なのではないか。いずれにしろ一律の時間による規制をする事には疑問を感じます。規制すらならするで、別の対策をする選択も用意すべきと思うのです。選択を奪った規制では余計な混乱を招くだけではないでしょうか。