「労働者の健康管理を密にさせればいい」とのことですが、では、具体的にどうすれば良いのかの記述がありません。
企業は、資金があろうとなかろうと、人件費の名の下に、昔から「生かさず殺さず」労働者を使うのが基本スタンスです。
隆之介(codenetJP)
1

私が考える過労死対策は目安の労働時間を設定して、超える際には月一とか短期間で労働者に健康診断を受けさせれば、いいんじゃないか、と。メンタルヘルスも含めてね。それで問題がある者はドクターストップする。問題無ければ長時間労働をさせてもいいんじゃないの!?当然、労働者本人の意欲もある事を前提にして。そうする事で長時間労働以外の問題にも対応出来るかもしれないし。これがどの程度、実現性があるのか分からないけど、一応、私の案はこんな感じです。