audioquest NIGHTOWL CARBONとか

audioquestのヘッドホンは開放型であるNIGHTHAWKと、密閉型NIGHTOWLを所持しています。

NIGHTHAWKに関しては以前から興味があったのですが、初代モデルが当時8万前後で販売していまして、且つ開放型ということで密閉型中心に使ってきた私にとってこのモデルを購入するのには非常に勇気のいることでした。

結局はイベントで新古品という名目で4万円前後で新品を手に入れることができました。

NIGHTHAWK 初代モデル

質感が非常に良いモデルで、後期モデルよりもデザイン面ではべっ甲柄のような外観のこちらが好きです。ヘッドバンドが特徴的で、普段AKGに慣れ親しんでいる方には最初違和感を感じるかもしれません。

ただ装着性は非常に優れていて、側圧が強くないのにカッチリと頭全体を受けとめていくれる感じです。

続けて購入したのが密閉型のNIGHTOWLです。

NIGHTOWL

NIGHTHAWKは開放型ですので到底外部で利用するのには適していないので、密閉型であるNIGHTOWLを購入したという単純な衝動買いです。初期のNIGHTHAWKを購入する際にあれだけ値段面で躊躇しておきながら、このモデルは販売開始後すぐの購入でしたので、当時10万円くらいだったかと記憶しています。

肝心な音質ですが、どちらも音はこもった感じで、耳の遠くで音量を絞ったスピーカーが鳴っているという何とも不思議な表現になってしまいます。

色々な場面で評価(レビュー)されていますので、細かい仕様などには触れませんが、とにかく暖かみのある音質で逆に言えばシャキシャキとした伸びのある音質ではありません。普段SENNHEISER・Beyerdynamic辺りに慣れていると「この音の造りはなんなのだろう」という感覚を覚えます。

ケーブルの取り回しはさすがは多くのアップグレードケーブルをローンチしているaudioquestさんという感じです。

結局個人の所感としても未だにaudioquest社のヘッドホンに関して、気持ちが良い音だという感覚は感じず、そのせいもあってか利用頻度も極めて少ないのですが何故か手放すことができないヘッドホンとなっています。

次期モデルの噂は聞いていませんが、もう少しこちらのヘッドホンと気長に付き合ってみたいと今の時点では考えています。

Like what you read? Give Go! Go! Koichiro a round of applause.

From a quick cheer to a standing ovation, clap to show how much you enjoyed this story.