Image for post
Image for post

よくある受託開発のコストの考え方を一回剥がしてみました。

受託開発の苦労はメーカーのプロデューサーにはわからないこともあると思いますが、実際問題、開発で良くある細かな軌道修正があったり、見積もりと比べて明らかに進捗がおかしいとか、プロデューサー目線では、最悪「俺騙されてる?」など思ってしまうような事件が、ほぼ例外なく開発途中で勃発します。

ゲームと言う物は所謂誰がどんな理詰めで正解を出したとしても、それが売れるかどうかわからない「海千山千」の世界。ミュージックと似てます。一応エンタメの部類に入りますから。

と考えると、発注者はどこで受託会社を判断するかといえば一言で言うと「信用」。通貨と一緒です。

今回僕が試しているのは、あらかじめある工数を消化して儲けると言う悪しき受託モデルを信用のためにひっくり返す事です。

クラロワで有名なsuppercellの受け売りですね。よくベンチャーとかで語られている「リーンである事」っていうのに近いです。リーンであるためには組織を肥大化させないとか、人を見抜く力が必要です。偉そうですが、僕の判断基準としては、「気があう人」これにつきます。

あとは実装項目(工数見積もり)が優先されて、マネージャーの言いなりに人員配置して無駄が出る事。

晴れて受託開発の契約が締結され、現場のマネージャーに主導権が降りてきたタイミングで色々な方々が「ここはこうしないとできる訳がない。売れる訳がない。」とか言う人達が経験談を元に現れます。

さてここで僕はなにかが抜けていると思うんです。

「今いる仲間で、極限まで頑張ったのか?」

「自分が今までやった事のない業務までチャレンジしたのか?」

ここには大きな壁があって「割のいい仕事がしたい」「できれば手を動かしたくない(動かせるのに)」等々、プロジェクトにコミットメントするには人間の欲が邪魔します。その欲を超えたところに、成功確立の上昇があるのかなと感じています。

じゃあ何でその欲を結果的に乗り越えた結果がだせるか?

という部分。簡単です。

お互いが最初からリスペクトし合っている

一緒にいて楽しく、創造的な気持ちになる

などなど、データドリブンの現世界で逆にこういった、人間の関係性というものの重要性がますます高まって行くと感じてます。

出会いは大切にしたいものです。そして、全力で自分の活きる道を進んでいきましょう!神様がいるとしたら、「活き活きとした人間」と「腐った人間」があったら前者をみる方がいいに決まってます。

工数から人を集める ❌

必要になるまで人はいれない ◉

Image for post
Image for post

Dappsゲーム界隈は、やはり”My Crypto Heroes”の思い切った年末CM投入と開発運営のダブルジャンプさんがGumiからの資金調達など大きな話題で「始まった感」のあるDapps業界です。しかし実際の売り上げはSmart contractを覗けば、どのDappsも正確に見えてしまうのですが、やはり現状のDappsゲームはボトルネックが多すぎて潜在的な市場とは裏腹になかなか収益に結びつかない状況です。

さて、そういった中でもブロックチェーンゲームは盛り上がってくるのは確実なんですが、「じゃあどうすればええねん」という、ARやVRといった新しい技術をどうやって花をさかせればいいの?と同じような状況ではないかと思います。

また、各種チェーン勢力の争いも始まり、次世代のパブリックチェーンのローンチも相次いでます。普通の人からみれば「もうわけわかめ」的に映っていそうですが、様々な差別化をうたったチェーンが多いですが、結局Ethereumのボトルネックを取るためにコンセンサスのためのノードを減らすというような作り方がEOSを筆頭によくあるパターンではないかと思います。そういた部分でトークンの資産としての側面と機能としての側面をよく分けて考える必要があるかなと考えてます。いくら性能の良いチェーンでも、トークンエコシステムというか、ホルダーが少なくトランザクションも少ない場合そのチェーン上で経済活動をするのは難しくなってしまうので。

あとは、「全部パブリックチェーンに投げる必要ある?」とか、「トークンを使う意味」という部分も精査せねばなりません。(そのまま使った方が便利なのは、明らかなので)例えば、Ethereumベースのトークンでゲームのマネタイズを行いたいとします。独自トークンのABCというものがあったとして、そこでABCを送金する場合、Ethereumがgass代として必要なので、ABCトークンとEthereumを保持していないとどうにもならん!とか普通の脳みそでは怒りでその瞬間に離脱です。

色々な改善策も皆さん考えられていて、興味深いスキームもありますが、まあこの辺り含めて市場規模拡大に何かしらのインパクトを起こすコンテンツや仕組みを僕たちは考えなければいけません。というかそれが、今年のトレンドになります。みなさん脳みそ使って行きましょう!!

Image for post
Image for post

*おばさんと言われた髪の毛を切りました・・・・

DAPPSとはいわゆる、スマートコントラクト を使ったアプリケーション群の総称なのですが、色々なアプリケーションが存在するなかで、なぜかゲームアプリ単独でDAPPSと言っていることも多いのですが、正式にはゲームだけではなく、ブロックチェーンのアプリケーションというカテゴリと思っていただいて結構だと思います。

最近のDAPPS GAMEの傾向

基本的にほぼ、Ethereumベースのゲームアプリが多いです。そしてhtml5ベースのものが多いです。この原因としては仮想通貨が絡むコンテンツに関して、ネーティブアプリとしてiOSからリリースすることが、appleのレギュレーションにより難しいくなってきていることから由来することと、もともとブロックチェーンの技術はネットワークの技術であるため、webベースのエンジニアのみなさんからボトムアップしてきたという経緯もあるので、webと親和性は高いといえます。また、ゲームに使用する仮想通貨の入金経路としての、google cromeのpluginであるmeta mask等がブラウザ準拠ということも入金の障壁も下がるため原因と思われます。

WEB GL準拠の html5のGame Engineの台頭

最近はたくさんのhtml5ベースで3DCGもなかなかのものでブラウザに描画できるEngineが増えてきてます。とは言っても僕らは元々ゲーム開発歴が無駄に多いのですが、それなりにゲーム業界の浮き沈みは体感してますし、Netiveベースでの開発がやはり、しっくり来ますし差別化もできるのでマネタイズスキーム含めてNative Appは外せません。

一応、メジャーなhtml5で3Dを描画できるエンジンのリストなど

htlm5のゲームエンジンリスト

DAPPSのプロモーションについて

基本、僕らのような中小企業がなんとか這い上がるため(笑)の勝負として、DAPPSのゲームを作っているところが多い現状です。つまりアーリーアダプターの開発者が現状多く感じます。と言うことは、アウトプットの部分でのマネタイズの施策やプロモーション含めて、トータルな経験不足ではないかと俯瞰してます。まあ、プロモーションも色々な手法がありますし、私も全部知っている訳ではないので、偉そうなことは言えませんが、総じて現状のメインストリームのアプリからは、資金面でもセンス面でも劣っているのは事実です。しかしながら、Android Market時代は、「これどうすんの?」的な感じで、売り上げ的にも、いわゆる砂漠の様な状態から、今の繁栄があるわけです。あの当時、今のgoogleやappleのアプリ状況は、僕には想像できませんでした。そう言う意味では、DAPPSにも未来はあるはずです。

Image for post
Image for post

東京に戻るとやはり東京はすごい。緻密。精密な時計仕掛けの様な佇まい。システム史上主義。メトロポリタン。

さて、ここからは雰囲気ですが、東京で仕事をする時に(もちろん僕もそうなんですが・・・)「日本人が貧乏」っぽく見えます。世界的にもGDPではダントツ三巨頭の一角。EUが束になっても負けません。そういう国の国民は外国から見たらさぞかし裕福であろうと想像していると思いますが「あれ?!日本人金持ってない?」と彼らの目線では感じるところもある様子です。単純な原因としてはデフレであるのに、外国人が日本に来た場合安いと思ってしまう円安起因の物価安。無理にポジティブにとらえれば「安い・クオリティ高い」を実現している商売が磨きをかけて生き残っている状態であり、為替の荒波までを超えた凄い環境ができちゃっているんだとも感じます。「サービス・価格」面で世界市場で競争できる様な土壌という事です。外国人は日本人の良いサービスを安く得られるわけですから。ただこれは、日本人にとっては、かなりきつい状態ですよね・・・消費税も上げるとかいう話もあるので消費者にとっては、これからもっと大変なのかと。(アメリカも、きらびやかな映画スターとか、流行りのIT系の職種、金融とか以外の一般的な職種のひとは貧乏な人が多いですよね。)

あと最近盛んに日本でも所得偏差みたいなものが生まれてきていて昭和に対する幻想みたいな話しをよく聞きます。実際に、昭和的な経済循環が良かったのか?って言うと、労働者階級も、それなりに潤っていたというのはウチの親父の話を聞いても実際に起こっていたらしです。(給料がいきなり数倍になったとか)その頃の日本は昨今の中国の様に、おそらく単純に世界の工場として機能と国策のインフラ投資とか、プラザ合意後の円高と諸々とかいろんな要素があるので、いまと比べられないとはおもいますが。

僕的にはアベノミクスは、そもそもの目的とされている国内の景気回復はできませんでしたが(これはアカン感じしますが・・・)結果的に日本の企業を筋肉質にしたという成果はあると言えばありますので。(日銀が発行した大量のお金はどこに行ったんですかね?っていう根本的な疑問は脇においておきます。おそらく海外とかで何かしらの活躍をしているんでしょう。)

アジア圏の人々から見た日本人のイメージ

最近、海外のパワーに押され気味な日本企業の印象をメディア主導でプロパガンダされてますが、実際のところアジア圏にいると日本人というだけで一定のリスペクトがあります。それは日本人が彼らのやりたくない事(神は細部に宿る的な)を進んでやる人種という部分が大きいと思います。彼らの国民性というかロジック的に細かくなにかをするっていう発想が一般的に無かったりしますし、やはり彼ら的に「日本人には勝てない」と思っている一定のポイントが存在するんだなと肌で感じます。

久々にゲーム業界、特に台湾含む中国本土の動きを書こうと思います。まずは下記のロイター伝の記事から

https://jp.reuters.com/article/china-game-freeze-idJPKCN1L90PB

Image for post
Image for post

発端は、とある台北の開発会社から「これから北米向けにチューンナップに変更する」という話を聞き、今まで中国向けを想定した企画で進めていたのにどうしたんだろう?と思っていたのですが、今年の3月頃から共産党の方針転換と役所の変更でゲームの審査フローが変わり、あのテンセントまでもが事業計画を変更せねばならぬほど、案件の審査が通らなくなっているということでした。

ロイターのニュースにもある通り、中小ゲーム企業は存続の危機ということなのですが、総じて台湾の開発会社のように、市場を北米そして日本をターゲットに方針転換をしている様子です。

さて最近の売り上げランキングなど確認するに、「荒野行動」を筆頭に数年前まで日本で売り上げの立たなかったタイプのゲームが中高生などの新しいジェネレーションに受け入れらて大人気となっていることは業界の皆さんはご存知かと思いますが、言わずもがな中国産のゲームです。 日本のゲーム開発もガチャなど日本独自のマネタイズが主流のゲーム(悪い訳ではありません)が王道としてプランナーの思考回路を制限する時代ももしかすると峠を越えるのかもしれません。

また僕が偉そうな事はいえませんが、上記の弊害なのか新しいユーザーの求めるゲーム性を実現した開発を行うことが出来るクリエイターも少なくなっている気がしてます。

中国は通信環境は悪いですし、政府の気分次第ですぐにレギュレーションがコロコロ変わってしまうような世界です。そこで戦っている彼らのバイタリティやスピードに我ら日本のゲーム開発者は真っ向勝負になるわけですね。

ただ彼らに真似ができない部分もたくさんあります。世界観やキャラクターというIPの創造。また何事も工程に置き換えてしまう事によるゲーム愛の欠落?(これはユーザーにも関係ない事ですし個人的な見解ですが・・シフト組んで、24時間体制での開発など日本人は想像もできませんよね )などなど日本人にも勝機があるのも事実です。また彼らが一斉に海外に目を向けている時に、逆に本土の足場を築くという考え方もあると思います。

タイミング的には現状アメリカと中国は貿易戦争ということなので色々な貿易が今後制限されると思いますから自ずと日本市場が注目されるのではないかと。何れにせよ、世界中がより一層日本市場を意識するタイミングのように見えます。気を引き締めて「ユーザーに喜ばれる」良いものをを作る事に全てを張ることができれば勝機はあると思います!

VirtualDerbyの開発も着々と進行中です!開発のコンテンツアウトのTargetはweb brower・Android native・PC nativeを計画しております。

クライアント(端末側)の開発状況としましては、下記の動画をご覧ください。browser版をiPhoneのカメラで撮影した荒い映像ではありますが3Dの馬のモデルが快適に動作できていることがご確認いただけると思います!

3DCGアセットの製作も随時進行中!

Image for post
Image for post

現在、台日プロジェクトとして進行中のVirtualDerby(DAPPS)の開発がTIDEiSUNのサイドチェーン技術の「BOLT」の実装を開始するにあたって、最新のアップデートをキャッチアップするため、CTOの竹村が台北でBOLTのチームの皆さんに共有いただきながら順調に進捗中です!

Image for post
Image for post
VirtualDerbyプロジェクトをサポートいただくTIDEiSUNのBlockChainエンジニアの皆さんとCTO竹村

最新の技術は、やはり日々アップデートで改善がなされているのですが今回はVirtual Derbyへのインテグレートを前提にEthereumネットワーク含む、BOLTのサイドチェーンネットワークなど総合的なサーバー構成の設計等々、より具体的に技術者同士でCTOの竹村がVirtualDerbyチーム側のフロントとして、今回は約一週間弱の予定で現在奮闘中です。

ゲームのDAPPについては、ゲームとしては致命的なボトルネックがいくつか存在するのですが、そう言った「ネガティブな部分をどの様に解決して行くか?」などの意見交換や具体的な対策の決め込みも行う事もできましたので、私にとっても今回は大きな収穫がありました!

Image for post
Image for post
大口の方にはご希望により物理ウォレットでお渡しできればと

僕たちとしては、詐欺ではない真っ当なICOを行なっているつもりでありますが、詐欺案件の多い仮想通貨環境では日本の金融庁の規制も頷けます。とはいえICOでなくても例えば、「オレオレ詐欺」はなくなりませんし・・・

現在は、完全に日本もしくは日本人へ訴求するICOは予定しておりません。(ただし投資という観点では仮想通貨であろうが法定通貨であろうが、あまり関係はないのかなという感覚もありますが)

やはり、ICOは投資という意味合いはクラウドファウンディングをくらべて大きいものですし、その投資したもののEXIT先が大事なのは、現在の株式にしても仮想通貨にしても同じだと考えます。できるだけ初期に応援してくださったかたにメリットのある形で進めてまいりますので、引き続きご指導ご鞭撻のほど宜しくお願いいたします!!

Image for post
Image for post
https://ico.auras-games.com

https://ico.auras-games.com

昨年夏あたりからEthereum gamingの事業をICO利用して本格的に進めたいと思っていたのですが、日本では詐欺ICOが爆発的に増えており、法的に難しいというところで、逆に海外法人を持つ自分の立場を利用して、「とにかくICOをやってみよう!やってみなけりゃわからない!」ということで腹を決めて始めました。

いろんな方々からICOに関しては厳しめのお言葉「あ〜最近いっぱいあるよね〜!」等々・・いただくのですが、BlockChain技術やスマートコントラクト的なネットワークの考え方自体は絶対なくならない(いずれ、各国の中央銀行が通貨の部分は支配するとしても)と思いますし、今後のインフラを構築する重要なファクターだと考えます。 いずれにしても、Gameに応用するという部分もこれから各社進めていくかと思いますが、まずは自分たちでICOを行い、自分たちで責任を持って開発して、リリース運営まで色々な困難もあると思いますがチーム一丸となって取り組んでいきたいと考えてます。現状、開発を開始しておりモック版も完成しまた。詐欺ICOとは全く異なる形でこれからエンジンをかけていこうと思っております!

ほぼ、ICOの準備も終わりPRE-ICOサイトの告知を開始しまたので、興味のあるかたは、サイトからでも、cs@auras-games.comへ直接メールいただいても大丈夫です。ご連絡いただければ、細かい詳細などお伝えできるとおもいます。最終的には、Ethereum gamingのプラットフォーマを目指し、邁進してまいります!

月末近辺には、本番のICOサイトのを公開いたしますので、しばらくおまちください。

トークン名はAURASに似せた感じの"ARX"(ダブってなければ・・)を予定しております。頑張ってBinanceあたりに上場を!と考えております。また、プロジェクト自体にご興味あってチームの一員として関わりたい方も募集しておりますので合わせてよろしくお願いいたします m ( _ _ ) m

Image for post
Image for post

http://truffleframework.com

とりあえずスマートコントラクトの開発でbrowser-solidityなどで開発するとこって、なんというかフワフワ感があっていやだったのですが(ブラウザだし・・・ただ、使い所としては、随時コンパイルしてくれて、作法やミスがわかるのは超便利ではあります。なので、solファイルの作成については、solidityが便利かと思います。)

色々、ネットを漁るなかでTruffleというEthereumのDappのプロジェクト管理や、デプロイ&デバック等効率的にやれるということを発見。

今までは、solファイルの作成後、nodejs用のそれぞれのコントラクトに対応したデプロイスクリプトを書いて・・デバックについてもnodejs様用のそれぞれのコントラクトを叩くスクリプトを書いて・・・って感じでかなり非効率的だったのですが、Truffleで解決です。

だいたい上記の@syroheiさんの内容で一通り進めることができました。

Browser-Solidityってアプリケーション全体の開発としてはやはりアバウトすぎ、プロジェクトの管理もできないなどなど、素晴らしくもあるのですが、大きめのアプリケーションの開発をそれだけでで完結とか、バグの嵐の未来が見えてたところに、まあ、Truffleっていう素晴らしEtereumの開発環境を見つけたっていう、だいぶん遅い話でした笑

引き続き、Ethereumの探求とそのプロジェクトを進める資金調達に邁進してまいります!

Masahiko Hagio

AppChain https://app-chain.io We have connected strong with avex technologies, and we make brands new service and game based on BlockChain for new generation.

Get the Medium app

A button that says 'Download on the App Store', and if clicked it will lead you to the iOS App store
A button that says 'Get it on, Google Play', and if clicked it will lead you to the Google Play store