2016–10–11 First day at remote work.

今日は初リモートワーク。

日本のみんなが寝た頃に仕事をしだす。

みんなが起きる頃には1日のタスクが終わっている。

会社に行くと、結構無駄な時間が多かったり、だれてしまうので、家に1人の方がきっちり仕事をすることができた。
これはむしろ、意図的な休息時間を自分で入れていかないといけない。

夕方-日本の朝、日本のチームとMTGをした。

ビデオチャット、いろいろ運用を考えないと難しいと感じた。

1:1だと問題がないものの、片方が複数人になると途端に難しい。

話し始めるときに「ハイジさん」など、名前を付けてから話しかけてもらわないと、私に喋っているのか、その場にいる誰かに話しているのか分からなかった。その場にいたら空気で読み取れることも、ビデオ越しになると途端に情報量が減ってしまう。
複数人だと必ずしも話者が映し出されているとは限らないので、表情が読み取れないからだ。

今回私の事情でリモートだし、相手に何かを強いるのはためらうし悩ましい。

あと、1時間半つなぎっぱなしの間は少し緊張した。

人と会わなくてこれは寂しいかも〜〜〜と思ってたのに、どっちやねん、という感じだが…。

これは、同じ空間にいても私があまり人と顔を合わせないためかもしれない。ビデオチャットって顔が画面にドーンとうつしだされて、これって結構現実にはないシチュエーション。

Show your support

Clapping shows how much you appreciated 灰色ハイジ’s story.