ロジカルライティング講座を開催しました!

先日、メディア運営やライター育成講座を実施しているsentenceの方々と共同でライターの方向けにロジカルライティング講座を開催してきました!

多様なツールが生まれたことで誰もが発信できる時代になりましたが、一方で需給バランスの問題からライターの方の仕事の単価はなかなか上がりづらくなっています。ライターとしての価値を向上させるためには、依頼された内容を単に書き起こすだけではなく、自らの頭で考え、記事として発信できるようなスキルが必要です。しかし、ライターの方がそのようなスキルを体系的に学ぶ機会というのはこれまでほとんど皆無に近い状況でした。

上記のような課題意識を基に生まれたのが、本講座です。主に文章を書く前の「論理的に考える」「仮説検証を繰り返しながら情報を収集する」といったスキルを強化すべく、10月後半から1か月間に渡り、全4回構成で実施しました。私がコンサルタントをしながら培ったスキルを、ライターの方向けにアレンジする形でお届けしましたが、参加くださった方からは

  • 「メッセージは何か?根拠は何か?また、どのような論理構成で伝えるべきか?」を考えるクセがついた
  • 初めてデータの探し方を教わったが、すぐに使えると感じた
  • 編集の仕事をしていて、文章に違和感を覚えても上手く言語化出来ずに指示出しで困っていたが、論理構成に着目すれば良いことが分かったので今後の編集業務にも役立ちそう

といったコメントがあり、非常に好評でした。

参加者の方の声にもありましたが、今回の内容はライターに加えて、編集をなさっている方にもかなり役に立ちそうなことが分かりましたので、編集の方向けにも内容をアレンジしていけたらなと思っています。

特に、

  • 記事を作るための「問い」を明確化する
  • 上がってきた原稿における論理構成のエラーを見抜き修正する

といったスキルを強化できるのではないかと考えています。

こちらはまた別途準備を進めて行きますが、今回実施したロジカルライティングは今後も定期的に開催していく予定ですので、興味ある方はお気軽にお越しくださると幸いです!

(詳しく知りたい方がいらっしゃいましたら、twitterにてご連絡ください!→@hajime_tnb)

One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.