eSports に未来はあるのか

第3部:eSports のスター選手は自然に生まれるものなのか、それとも生み出されるものなのか

  • 人は競い合うことを求めている
  • eSports はその欲求を満たす新たな仕組みだ
  • eSports の種目1つ1つの寿命は、これまでのスポーツ種目よりずっと短い
  • ゆえに、投資すべきは「競争の機会を増やす(スター選手の育成・賭けやファンタジー eSports・ネット以外で使えるご褒美)」企業だ。特定の eSports 種目ではない。

競い合うことへの欲求

eSports は、まさに万人のためのスポーツなのだ

  1. 目的・ルール・会場が規定された「公平な場」である
  2. 参加者が競い合った結果、勝者が決まる

だが、eSports によってそんな実情は変わった。

  • 作られたスターダム
  • 賭けごと
  • ネット以外で使えるご褒美

作られたスターダム

eSports の需要と供給問題

ノースカロライナ大学ターヒールズ時代のマイケル・ジョーダン

スター選手を生み出す

求められているのは「理髪店」以上の存在

  • CAA:eSports 代理店市場に適切な方法で参入することで、シェアを伸ばせる(WME/IMG は2015年1月に eSports 代理店を買収しており、すでに eSports チーム3つと契約済みだが、いまだスポンサー契約にはいたっていない)
  • ゲームパブリッシャー:費用のかかるイベント運営チームを外注できる。そのうえ、ライブイベントの質があがることも大いに期待できる
  • ブランド:実績があり信頼できる取引先と協業して、eSports 資産を活用できる
  • eSports チーム:代理店と協業することで、権利を売ってお金を稼げるようになるし、さらにプレイヤーに該当ブランドのトライアルや購入(アクティベーション)を促すこともできる
  • スター選手:コンテンツ作成や選手個人のブランドマーケティングを世界トップクラスの専門家たちに任せることで、試合に勝つことに集中できるようになる

賭けごと

競争を自然な形で広げていく

ネット以外で使えるご褒美

承認欲求が満たされて、お金ももらえる

  • 勝つことによって更なるご褒美がもらえるので、プレイヤーはうれしい
  • プレイヤーがゲームで遊び続けるモチベーションが増えることになるので、ゲームパブリッシャーはうれしい
  • 新規顧客の獲得につながるので、ご褒美を提供するブランドはうれしい

精神的な欲求は熱狂に勝る

肝は「競争」

  • 人は競い合うことを欲している
  • eSports はその欲を満たしてくれる新しい仕組みだ
  • eSports 種目(ゲーム)は、旧来のスポーツ種目と比べて寿命が短い
  • ゆえに、投資すべきは競争を増やすこと(スター選手を生み出すこと・賭けごとやファンタジースポーツ・ネット以外で使えるご褒美)に取り組む企業であって、特定のeSports 種目ではない

--

--

ex-Medium Japan translator. Trying hard not to get “lost in translation”. 元Medium Japan翻訳担当。

Get the Medium app

A button that says 'Download on the App Store', and if clicked it will lead you to the iOS App store
A button that says 'Get it on, Google Play', and if clicked it will lead you to the Google Play store
Haruo Nakayama

ex-Medium Japan translator. Trying hard not to get “lost in translation”. 元Medium Japan翻訳担当。