日報

17/2/21 なんとなくまた立ち飲みに寄る


仕事

目標設定の時期だったりしてコード書く時間と同じくらい色々と時間を使ってる。まぁ大切なことなので。

そもそもマネジメントしたい人なんていないと思っていて、まぁ僕もそうだったんだけどやってみるとこれはこれでなかなか買ってできるものでも無く経験としてはアリだと思っている。

難しいのは働いている人に納得感をもって仕事してもらうことと、持てる力を発揮してもらうこと。前者が立たないと後者も立たない。人数が増えてくるとこの納得を調整しきれなくなってくるので、お手伝いが必要になってくる。そうやって組織は大きくなっていくんだなーという。あと持てる力というのも割りと計り知れなくて、どうしてマネジメントとは難しい。

まぁつまりは期待値の調整が大切で、僕は君にこれだけやって欲しいんだけどどうだろうということに合意を取るというか。それがスタートで、次なる目標の運用フェーズが始まる。その話はまた。


プライベート

なんか立ち飲みにハマってしまってまた来た。1回千円ちょっとというコスパもあるけど、何が良いのかって考えてみると、要するに考えることが出来る時間がここにあるんだよね。仕事してても家にいても僕は一人じゃないので、なんかしらこう深く考えるのは結構難しい。でもここにはそういった時間があって、別にカフェでもいいとは思うんだけど僕は割りとああいったキレイなお姉さんがいるような場所は苦手で居心地がとにかく悪い。このオッサンだらけの雑音が丁度良いのだった。


ゲームの話

昨日ゲームの仕様を書いてることを日報に書いたけど、その話をちょっと書く。

僕はウィザードリィが大好き。全作品クリアしましたとかじゃないんだけど。デモンズソウルやダークソウルも好き。これも全てクリアしたというわけでは無い。最近だと、Buriedbornesというスマホアプリがスマッシュヒットしていてこれも最高。

5年くらい前から僕もいつかはこんなゲーム作ってみたいなーと思ってた。でもなんでこれらのゲームに惹かれるのか。答えはあって一言で言うと「ちょっと強くてニューゲーム」って感じ。

僕は飽きっぽくて、大体なんでも飽きちゃう。飽きずにやってるのプログラミングくらいかな。でもこれらの作品は、突然リセット。進捗リセット。この時僕は、嘘やんーと思いながらもまた次どうやって進めようかというワクワク感が生まれている。これ。これを再現したい。

Like what you read? Give Yusuke Hatanaka a round of applause.

From a quick cheer to a standing ovation, clap to show how much you enjoyed this story.