日報

17/4/13 Umeda.goで喋ってきた


仕事

参加してるチームのタスクとやらねばならんことが曖昧で不安感あったのでその辺を整理してた。取り敢えず宙ぶらりんなイシューを全てチェックし、クローズしたり適任者にアサインしまくった。また、リリースまでに必要な機能について不明瞭な点を各々からヒアリングしイシューとして起した。

ユーザーに届ける体験について不明瞭な点があるならそれはサービスとしてダメだろって思うし、そういったものをちゃんと取りこぼさずに自らの責任範囲で出来るようなチームを作りたい。


プライベート

umeda.goというコミュニティに参加した。

面白くて、東京と大阪をHangoutで繋いでやる勉強会で、何やら画面の向こうに東京勢が居て、これはなんと表現すればよいかわからないけど、たぎった、かな。

僕は一番最後の発表だったんだけど、いつもの調子で力を抜いた発表が出来て良かった。

懇親会にも参加してビールとGoの話で最高だった。やっぱ登壇してフィードバックを得るこのループこそが僕のキャリアを形成していると思えるし、単にエンジニア同士で技術の話をすること自体が楽しい。普段Twitterでしか絡んだことが無い方とも会えて良かった。umeda.go#1最高でした。

Show your support

Clapping shows how much you appreciated Yusuke Hatanaka’s story.