日報80

2017/5/17 mediumのandroidアプリは残念


朝活

昨晩飲んでいて帰宅したのが午前1時頃だったということもあり満足に出来なかった。そんな日もある。

一応30分ほどyaccの調べものなどをした。PHPのzend_language_parser.yは内部でZend Engineをincludeしていて、各アクションではASTを生成する処理がC言語で書かれている。goyaccは特に気にせず生成したparser.goファイルにそれらのCコードをコピーする。つまりparser.goの生成自体は成功する。

あとは、コピーされたCコードをGoで書き直してコンパイルを通せば良いのだけれど、それだとあまりにも道のりが遠すぎてやばい。もう少しインクリメンタルな手法を考えたい。


仕事

僕が技術部の部長という肩書になって既に丸2年程経つのだけれど、会社に対して何をコミットするべきかというところがずっと曖昧なままという自覚がある。

その時々で自らの目線から導かれる課題はあって、それに対する改善には力を注いできたつもりだけれど、なかなか周りを巻き込んでの成果に繋げることは出来なくて無力だ。簡単に言うと会社組織におけるインパクトに欠ける。

最近、僕は無意識の内に自分の裁量だったり責任範囲を決めつけてしまうということが起こりがちで、気が付けばすごく狭い世界で物事を進めたりしているということに気が付いた。もっと自由に、もっと大胆にぶつけてみてもいいよねきっと。

今日は定時後に有志によるクラス設計勉強会が開催された。あらかじめ作成しておいたインベーダーゲームのクラス設計を持ち寄って公開しあうというもの。

やってみて気が付いたのは、仕様書を設計に落とし込むことについては皆それぞれ似たように出来るのだけど、その裏に潜む技術的なアプローチ(データ構造やデザインパターンなど)には結構な個人差があり面白かった。


帰宅して

今日も飲み。実はまだ帰宅していないので明日の朝活も雲行きが怪しい。

最近は朝活出来ないと少しストレスを感じるようになってしまって、それはちょっと意図していない感情。自分にとってすごく充実感を得られる大切な時間ということなんだろうと思う。

よくもっと時間あったらなーって思っちゃうんだけど、多分あったらあったでモチベーションは維持できないのだよな。限られた時間の中で工夫してやるからパフォーマンスが出せるわけで。そういう価値観で生きると、少しのロスも勿体無く感じてしまったり。不器用だなって思う。