ナイキの「バック・トゥ・ザ・フューチャー」シューズを試し履き:今日のケイシー・ナイスタット(2016–10–09)

ナイキから再発売される「バック・トゥ・ザ・フューチャー」シューズ"Nike MAG" をケイシーが試している。

シューズについてケイシーに説明しているご婦人をどこかで見かけた覚えがあった。気になって調べてみたところ、ティファニー・ビールズさんというナイキの人(開発チームの人)であることがわかった。下掲のWIRED動画のなかに、ビールズさんが少し前にリリースされた「HyperAdapt」の説明役として登場している。

(もう一人のハートフィールドさんという年配の男性のほうが、たしかプロジェクトのリーダーだったと思う)。

Nike MAGはもともと2011年に1500足限定で生産され、オークションを通じて販売されていたもの(オークションの売上はマイケル・J・フォックス財団(パーキンソン病の研究を支援)に寄付されていた)。
2度目の発売となる2016バージョンは89足限定発売、というニュースも見つかった。映像のなかに「$10」と出てくるのは、Nike Magを抽選販売する、その抽選に応募するのに一口10ドルかかる(集まったお金はマイケル・J・フォックス財団に寄付する)ということらしい。

NIKEが「バック・トゥ・ザ・フューチャー」に登場した靴を89足限定で発売 — Fashionsnap.com

(ナイキのマーク・パーカーというCEOが自ら説明を買って出ている)

One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.