金曜日の夜は

今夜、好きに使える時間ができた。

何をしよう、そわそわして、早めにお風呂に入り、テレビをつけると応援している球団の試合の中継がやっていた。

お、これは観なきゃ、と思って、髪を乾かし、ご飯を食べながらテレビを見る。

8時、9時と時間は過ぎていく。

点を取っては取られ、目が離せない展開になる。

お皿を洗いに行くタイミングもない。気が抜けない。

(私が気を抜こうが抜くまいが試合の展開には影響しないのに、守りに入る野手のように、真剣な顔で、テレビを前に身を乗り出して成り行きを見守る)

野球に釘付けになる一方で、ご飯を食べたらこれをしよう、それともあれをしよう、思っていたことが頭の中を行き来していて、気持ちはずっと落ち着かない。

試合はどちらかというと苦しい展開。盛り上がったりホッとしたりあー、とため息をついたり。

まだ1アウトかぁー。

うん、いまのは仕方ない。

呟いたり。

何回かのイニングが終了したところで、パッと手が動きテレビの主電源を落とした。

静かになる部屋の中。

なんだかスッとした。

あ、テレビ消したかったんだな。と思った。

自分でつけたのに、変だね。

金曜日の夜。頭も疲れているんだろう。

仕事も好きなことも、なんにしても、何かすればエネルギーを使う。

たまには思い切り早く寝てみたい。

One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.