DMM.makeでMagicaVoxelでモデリングした自作モデルを3Dプリントしてみた

henteko
henteko
Sep 3, 2017 · 4 min read
3Dプリントしたひよこのモデル

DMM.makeの3Dプリントサービスで、MagicaVoxelでモデリングした自作モデルのひよこを3Dプリントしました。

今回は3Dプリントした際の料金やサイズ感を紹介するとともに、ひよこの可愛らしい写真を紹介します。

DMM.makeでMagicaVoxelのモデルを3Dプリントする際にハマる問題の解決方法は別に書きましたので、実際にプリントする際にはこちらもご覧ください。
MagicaVoxelでモデリングしたモデルをDMM.makeで正しい色で3Dプリントする方法

出力したひよこの裏表

出力したサイズ

DMM.makeにモデルデータをアップロードすると、実際に3Dプリントされる実測サイズがWeb上で確認ができます。

アップロードしたモデルのサイズ

今回は上記画像のように、X: 32.2mm, Y: 27.5998mm, Z: 39.0999mm及び体積が18615mm3で出力をしました。
このサイズ及び体積で、3Dプリントの料金は、石膏フルカラーを素材とした時に3,380円になりました。

プリント代

今回は上記3,380円にプラスして、速達を依頼できるエクスプレスサービスの1,690円(出力されるモデルによって異なる料金)を追加して、合計5,070円で3Dプリントをしてもらいました。結構高い…

料金は高いですが、3Dプリントのできが思ったよりもよかったので、満足度はかなり高いです。

もしかすると、体積をどうにか減らすことで、もう少し節約はできたかもしれません。
実際にひよこモデルの頭部分の中を空洞にするなどして、体積を節約してみたところ、プリント代はかなり安くなりました。(プリント代が2000円くらいになった)
が、中を下手に空洞にするとプリントができないらしくて、注文ができませんでした。
工夫方法を知っている方は、ぜひ教えてください。

注文から物が届くまでは、エクスプレスサービスを使っていたのでかなり早かったです。
8/31の午後に注文して、9/2のお昼に届きました。

3Dプリントしたひよこの写真集

以下は今回プリントしたひよこの写真集です。可愛いです。

モンスターボールとひよこ
モンスターボールの前にいるひよこ
手に持ったひよこ
背景ぼかしひよこ
動くひよこ
たそがれるひよこ
コップの縁に乗ってるかのようなひよこ
インスタ映えひよこ

おわりに

ひよこかわいい。

実はこのひよこ、3Dプリントしたものが届いた時に気づいたんですが、出力する元のモデルデータを間違えていて、頭身が高くなってしまいました。
現在正しいデータのひよこと、その相棒であるにわとりも3Dプリント中です。楽しみです。

2017/09/08追記

にわとりとひよこ

追加で注文していたにわとりとひよこが届きました!相変わらずかわいい。
今回はエクスプレスサービスを使わないで、9/2に注文して9/8に届きました。

henteko

Written by

henteko

I’m Developer

Welcome to a place where words matter. On Medium, smart voices and original ideas take center stage - with no ads in sight. Watch
Follow all the topics you care about, and we’ll deliver the best stories for you to your homepage and inbox. Explore
Get unlimited access to the best stories on Medium — and support writers while you’re at it. Just $5/month. Upgrade