帕金森氏症與中風及老人痴呆是常見的老年三大疾病,典型症狀好發於 55~60 歲之間,這種可怕的慢性中樞神經退化疾病症狀,會緩慢摧毀患者的身體與生活。日前美國有一名罹患帕金森氏症已 20 年的患者賴瑞,在鏡頭前分享大麻的顯著療效,引發廣大社群討論。
帕金森氏症的解藥?科學實驗證實大麻素有助症狀緩解
生醫觀點 BioMed Views
22

パーキンソン病やアルツハイマー病と脳卒中は、3つの一般的な加齢に関連する疾患で、症状は通常、ゆっくりと患者の体と生活を破壊する、中枢神経症状のこの恐ろしい慢性変性疾患は、55〜60歳の間に起こります。最近、米国にて20年間パーキンソン病に苦しむラリー氏はカメラの前にて大麻の有効性を告白して、より広いコミュニティの議論を誘発しました。