ファイナンシャル・タイムス - 英国 オックスフォード大学 予算 14億円 医療大麻 研究開始
Oxford to start £10m research project on medical marijuana

Medical science

Scientists to assess treatments for pain, cancer and inflammatory disease

科学者達は、痛み、がん、炎症性疾患の治療法を割り振り研究する。

YESTERDAY by : Clive Cookson, Science Editor

Oxford university is to launch a £10m research programme in medical marijuana with venture capital funding, in the hope of developing treatments for pain, cancer and inflammatory disease.

オックスフォード大学は、痛み、がん、炎症性疾患の治療法を開発するために、ベンチャーキャピタルによる医療大麻で1千万ポンド (約14億円)予算の研究プログラムを開始する予定です。

Kingsley Capital Partners, a private equity business based in London, has set up a company, Oxford Cannabinoid Technologies, to fund the research. Eight scientists at the university will investigate different medical applications of marijuana in their labs.

ロンドンに本社を置くプライベート・エクイティ事業であるキングスレー・キャピタル・パートナーズ(Kingsley Capital Partners)は、オックスフォード・カンナビノイド・テクノロジーズ(Oxford Cannabinoid Technologies)を設立。

大学の8人の科学者がラボでマリファナのさまざまな医療応用を調査する予定です。

“Cannabinoid research has started to produce exciting biological discoveries and this programme is a timely opportunity to increase our understanding of the role of cannabinoids in health and disease,” said Ahmed Ahmed, professor of gynaecological oncology at Oxford. “This field holds great promise for developing novel therapeutic opportunities for cancer patients.”

オックスフォードの婦人科腫瘍学教授である Ahmed Ahmed 教授はこう述べる。「カンナビノイド研究は刺激的な生物学的発見を生み出し始めており、このプログラムは、健康と疾患におけるカンナビノイドの役割についての理解を深めるタイムリーな機会です。」

「この分野は、がん患者の新しい治療機会を開発する大きな可能性を秘めています。」

The number of people taking marijuana for therapeutic purposes is increasing rapidly as the practice becomes legal in jurisdictions around the world, but very few medicines based on cannabis have yet been developed on rigorous scientific principles.

マリファナを治療目的で摂取している人々の数は急速に増えており、世界各国の法域で合法的になっていますが、科学的には厳格な大麻薬がまだ開発されていません。

The leading company in the field is GW Pharmaceuticals of the UK, which sells its multiple sclerosis treatment Sativex in 29 countries. It has also reported promising clinical trial results with Epidiolex to treat severe epilepsy.

この分野のリーディングカンパニーは英国の GW Pharmaceuticalsで、29カ国で多発性硬化症治療剤 Sativex を販売しています。 重度のてんかんを治療するために Epidiolex を用いた有望な臨床試験の結果も報告しています。

“Medical cannabis is already helping patients with some of the most distressing conditions across the world,” said Neil Mahapatra, managing partner of Kingsley. “However, research into the specific pathways and mechanisms that create this benefit is limited and long overdue. We hope our strategic partnership with Oxford will support the development of innovative new therapies to help millions of people.”

「医療大麻はすでに世界で最も悲惨な症状の患者を助けています」とキングズレーのマネージング・パートナーであるニール・マハパトラは述べています。

しかし、この利益を生み出す具体的な経路やメカニズムの研究は限られており、長く遅れている。 オックスフォードとの戦略的パートナーシップが、何百万人もの人々を支援する革新的な新しい治療法の開発を支援することを願っています。

Kingsley is the only investment company based in Europe “to have made a concerted push into investing in the global legalised cannabis market”, Mr Mahapatra said. It has also set up Forma Holdings in the US to cultivate and distribute medical marijuana there. But the cannabis supplied to Oxford for research will be sourced from Europe.

キングスレーは、欧州に本拠を置く唯一の投資会社であり、「世界的に合法化された大麻市場に投資することを積極的に推進した」とマハパトラ氏は述べた。

また、米国で Forma Holdings を設立し、医療大麻を栽培して配布しています。 しかし、研究のためにオックスフォードに供給される大麻は、ヨーロッパから調達される。

Zameel Cader, a clinical neuroscientist at Oxford, is also taking part in the research. His lab will investigate how the effect on the nervous system of cannabinoid compounds extracted from marijuana compares with that of “endocannabinoids” — similar compounds produced naturally within the human body.

オックスフォードの臨床神経科学者 Zameel Cader もこの研究に参加しています。 彼の研究室では、マリファナから抽出されたカンナビノイド化合物の神経系への影響が、人体内で自然に産生される「エンドカンナビノイド」と比較してどのように影響するかを調べます。

“Endocannabinoid signalling is increasingly recognised as fundamentally important in the development and function of the nervous system,” said Dr Cader. “This exciting programme of work has the potential to lead to the development of novel therapies for neurological disorders . . . We’re going to focus particularly on pain because there is already evidence that cannabinoids are useful there.”

「エンドカンナビノイドのシグナル伝達は、神経系の発達と機能において根本的に重要と認識されています。」 「この刺激的な仕事のプログラムは、神経障害のための新しい治療法の開発につながる可能性があります。 。 。 カンナビノイドが有用であるという証拠が既に存在するので、我々は特に痛みに焦点を当てる」と Cader 科学者は述べる。