今年、我々はカリフォルニア州の死刑を廃止することが出来る(ポール・グレアム)

Paul Grahamのエッセイ、”This Year We Can End the Death Penalty in California”を訳しました。

2016年11月

もしあなたがカリフォルニア州の有権者であるなら、今年、あなたの投票にかかっている重要なプロポジションがある。それはプロポジション62、死刑の廃止について、だ。

私がまだ若かったとき、死刑についてのディベート、すなわちどのような場合ならば人間を死に至らしめていいのかということについて考えていた。殺人犯を殺すことは許されるのだろうか?

しかし、ここではそれは重要なことではないんだ。

現実世界は、私が子どもの頃見せられたテレビの世界のようには出来ていない。警察はときに間違った人を逮捕する。弁護団の弁護士はときに無力だ。そして、検察官はときに、正義よりも注目されることに動機づけられている。

現実世界では、死刑を宣告された人のうち約4%が無実なんだ。すなわち、これは殺人犯を殺していいかどうかについての話ではないんだ。これは、無実の人を殺していいかどうかについての話なんだ。

答えは子どもでも知っている。

今年、カリフォルニア州ではプロポジション62に賛成票を投じることで、これを終わらせることが出来る。だが気をつけてほしい、一方のプロポジション66は死刑執行の簡便化を目指している。すなわち、62に賛成票、66に反対票だ。

訳注:2016年の一般選挙における、2つのプロポジションの結果です。
プロポジション62: https://www.nytimes.com/elections/results/california-ballot-measure-62-repeal-death-penalty
プロポジション66: https://www.nytimes.com/elections/results/california-ballot-measure-66-reform-death-penalty