スマホくんと距離をおく -今、この瞬間を生きるために-

朝の通勤電車。10人中8人がスマホを見ている、そんな光景もめずらしくなくなりました。

スマホは便利ですね。ニュースだって、メールだって、ゲームだってできます。スマホを持っていると、隙間時間が嘘のように埋まっていきます。

たった1分でも空き時間があると、すぐにスマホに手を伸ばします。

はい、僕もその一人です。

今Mediumを書いているときに、客観的に自分の行動を振り返ってみるのですが、中毒かいな、と思えるぐらいにスマホと仲良しです。24時間365日べったり近くに寄り添う「スマホくん」。

誰かと会話をしているときも、その会話の中ででてきたキーワードを調べるためにさっとスマホくんを開いてみたり。

誰かと相対しているときも、ブルっとスマホくんが「相手してよー」と震えれば、数秒も経たないうちに開いてみたり。(赤ちゃんの子守りみたい…。)

僕の場合、手はスマホくんでふさがり、耳もイヤホンでふさがっています。外界との関係性をシャットアウトです。


先日、オーディオ学習の中で聞いた内容「今、この瞬間を味わう」。

それ以来、スマホくんを見る時間を少し控えめにしてみたり、イヤホンで耳をふさぐ時間を減らしてみました。「今、この瞬間」を味わおうと意識をしてみたのです。

すると、いつもとなんら変わらない周りの環境が、ガラッと違う世界のように思えました。

電車や車や人の声、音が大きく聞こえます。木に勢いよく巻き付いている蔦の葉っぱ、普段より元気に見えます。そして、背中に当たる太陽の光、とても温かく感じます。

ちょっと意識をしただけでも、こんなに違うものなのか、という驚きがありました。

そして、今生きているということを強く感じたのです。


とかく忙しい現代人。

その忙しさに拍車をかけているのが「スマホくん」。

スマホくんがいるととっても便利です。でも、スマホくんがいることで、「今、この瞬間」で目の前で起こっていることを逃してしまっていることもあるのかもしれません。

人間関係と同じです。距離が近すぎると、何かと問題が起こるので、少しだけ距離をおいてみると案外うまくいくこともあるのです。その人のことを大事にするからこそ、少しだけ距離をおいてみるのです。

これからは「スマホくん」は大事にしつつも、少しだけ意識をして距離を置くことにしようと思ったのでした。

One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.