世話やきおばちゃんの偉大さ

学生時代に太極拳をやっていました。

はじめての太極拳、道場に見学するアポをとるのにドキドキ、道場に見学するときにその場所に一歩を入れるときもドキドキ、でした。

緊張しやすい性格なので、隅っこの方でこじんまりと座って見学をしていました。

そのときです。

「一緒にやってみる?緊張する必要ないわよ、ほら立ってこっちにおいで」

って、おせっかいなおばちゃんが話しかけてくれました。

で、実際に合流して、見よう見まねでやってみるのですが、その場に入ると案外ととけこめるのです。他の人の何気ない会話でその人のことを知ったり、ちょっとした会話で少しだけ距離感を縮めたり。

そして、翌週に正式に太極拳をやることになりました。


あるコミュニティに入ってみると、世話をやいてくれる方がいらっしゃいます。

その方がいるおかげで、緊張がほぐれ、そして「来てよかったな。また行こうかな」って思えるのです。

新人さんが継続できるかどうかを左右するとても偉大な行動だと思います。


現在、習慣化のコミュニティに入っているのですが、そのなかでも世話やきのおばちゃんではないですが、全ての投稿にコメントをくださる方がいらっしゃいます。

はじめての投稿のときにも気さくに話しかけてくださり、その口調がまた親近感がわくものなのです。

そのコメントのおかげで、「入ってよかったな、また来よう」って思えるのです。

One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.