仲間と会い、そしてまた自分の戦場へ

普段は自分の戦場で闘います。

試行錯誤、悪戦苦闘しながら、なんとか乗り切ります。

そして、月に一度、数カ月に一度という頻度で、仲間と会います。

成長している仲間たちを見ると、自分も頑張ろって思えますし、様々な意見交換もできます。何よりエネルギーをもらえるのが一番大きな利点です。

エネルギーをもらったら、また自分の戦場へと向います。


自分の戦場ばかりで闘っていると、時にその戦場のことばかりしか目に入らなくなります。その世界のことしか考えられなくなるのです。

たまに自分の戦場以外で闘っている人と会うと、自分の戦場はいかに小さいものなのか、と痛感させられます。

戦場もいろんな場所があるんだし、その闘い方だっていろいろとあるんです。

自分の武器を蓄えるために一所懸命に学ぶことも大事だけれど、時には人の武器を使わせてもらうという選択肢もあっていいんです。

One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.