楽しいから続く

「笑顔(^_^)v ひゃっほーい♪ちょー楽しいなぁー♪充実してるなー♪ ※唱える」


あっ、突然アホな書き出しですみません。

先日以下の記事を投稿したところ、思いの外多くの方に共感いただいたので、ちょっとその関連する内容を載せられればと思い投稿します。


「1分だけ」というハードルを大きく下げるところがポイントなのですが、これをずっと続けるとなると最初は案外難しかったりします。

そう「1分」だけなのにです。

そこでさらに僕のやっている工夫を紹介します。

それは、、、

冒頭にあるようなものなのです。

読み上げるのを楽しい雰囲気にしてしまうのです。

「笑顔(^_^)v ひゃっほーい♪ちょー楽しいなぁー♪充実してるなー♪ ※唱える」

「楽しいと思おう♪ ※唱える」

では、どちらが読みたくなるかというと、僕だったら前者です。

最初は後者のようなものを毎日読んでいました。読むものは少しずつ増えていくので、次第にそのボリュームにうんざりしてしまったのです。

で、どうしたかというと、ばっさりと整理をし、楽しい(と感じる)文体にしました。


くだらないですね。。。

でも、こんなくだらないことでも、ありだと思うんです。

小学1年生の息子は最近、ダジャレにはまっています。息子と僕とで勝負をしたりもします。ダジャレ自体はくだらないものばかりですが、楽しみながら、息子は言葉を覚えていっています。(YouTubeで教えてもらうことも多いですが。。。)

毎日毎日読み続けることで、自分の脳内にインストールしていくわけなので、「続けられる」ことが大事なんです。その工夫の一つに楽しむというのがあるのです。

この記事のように組織だって同じですね。


同じ時間を過ごすならば、楽しみながら目的を達成していきたいものです(^^)♪

Show your support

Clapping shows how much you appreciated 佐々木秀和 Hidekazu Sasaki’s story.