聖火のようにバトンをつなぐ

先日の飲み会で、東京オリンピックを見に行きたい?という話題になりました。

日本で開催される機会は今後いつあるかはわからないので、個人的には何かしら間近で見ておきたいなって思っています。

オリンピックの前に行われる聖火リレー。バトンでつないでいく様は、とてもワクワクします。

火が消えないように注意をしながら、次へ次へとつないでいきます。


最近、色々と行動をしている中でつくづく思うのが、一つの行動をしたら、すぐに次の行動をしたほうが勢いに乗って実行しやすいということです。

一つ一つの行動は笑っちゃうぐらいの小さなものでOKです。

そして、何より大切なのが、心の火です。火が消えてしまうと、バトンをつなぐことができません。一度火が消えてしまうと、着火するのに大きな労力がいります。

まだ前の火が残っているうちに、小さなものでいいから次の行動をしてしまいます。

聖火のようにバトンを次へ次へと渡していく。それが行動をし続ける原動力になります。

One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.