見た目よりも目的重視

職場では今現在誰がどこにいるのかというのが分かるように、ホワイトボードで管理されています。

外出先から帰ってきて、ホワイトボードの「外出中」という磁石を外そうとした際に目に入ってきたのが

まぐろ

単語だけでは意味不明だったのですが、聞いたところによると社販で「まぐろ」があったらしく、それを忘れずに持って帰るようにするために、「まぐろ」とホワイトボードに書いておいたそうです。

確かに帰るときにはホワイトボードに「帰宅」という磁石をつけるわけなので、その際に目に入れば気付くんでしょうが、おもむろに「まぐろ」としかもホワイトボードいっぱいに書いてある光景は滑稽でした。


と、ちょっと小バカにしている自分も、

外出先で会議があるときに、雨が降っていたので忘れないようにスマホに「傘」と付箋で貼り付けていたっけ。

傘をしょっちゅうなくす前科者の悪あがきなのですが、スマホという最先端の機器に付箋で「傘」とデカデカと貼り、必ず分かるように机の上に置いていました…。(スマホでイケてる感じでアラームを出せればいいのでしょうがそこまでレベルがなく…)

ホワイトボードに書くのと、いやそれ以上にイケてない感じではありますが、やはり確実に目に入れるためには、自分の行動導線にそれと分かるように指し示してやる必要があるんだよなぁと思います。


WEBの開発をする際にも要注意です。

デザインにこだわりすぎるがあまり、本当の目的を見失ってしまわないように、ときにはデザインよりも実用性をとるという選択も必要です。

「まぐろ」や「傘」のように。

One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.