電車にかけこむ前にちょっと考えてみる

「あっ、ドアが閉まるっ!」

電車に駆け込み、ギリギリセーフ!!

ホッと旨をなでおろします。

でも…、満員電車で、両手もふさがり何もできない状態で30分揺られました。


上記は、別に誰かと待ち合わせをしていて、時間がなくギリギリに電車に飛び乗ったというわけではないのです。

ついつい、身体が条件反射的に動き、ダッシュで乗ってしまったのです。

乗った電車が満員電車で両手もふさがり、長時間何もできない状態というのは、とっても時間がもったいない…。

電車に飛び乗り時間を節約したと思いつつ、実際には何も電車の中で何もできないのであれば節約どころか時間の浪費になってしまいます。


最近は時間の使い方に目がいくようになってから、自分自身が置かれている状態と、何ができるのかを考えるようになりました。

例えば
・電車の中で満員⇒何もできない。予め何かを考えるということを用意しておけば物思いにふけることはできるかも。
・電車の中で立っている⇒スマホが使える・本が読める⇒インプットができる
・電車の中で座っている⇒上記に加え、PC操作や手帳も開ける⇒作業ができる
・特急を使う⇒上記に加え、静かな作業空間が手に入る⇒集中できる

とにかく早い電車に乗ればいいのではなく、その電車で過ごす時間をどうしたいのかを考えたうえで電車に乗り込んだほうがよさそうです。

電車にかけこむ前にちょっと考えよう(自分への戒めとして)

Show your support

Clapping shows how much you appreciated 佐々木秀和 Hidekazu Sasaki’s story.