PepsiのCM大炎上の話のその後

例の炎上から1週間程度たって、その間にUnitedが大きくやらかしてくれたので火が消えるかも?との推測もあったんですが、サタデーナイトライブが例のCMのクリエイターと家族の想像上の会話をやったおかげで、また一時的に盛り上がっています。映像はこちら↓

いや、本当にこんなやり取りあったかもって感じがw この件で周りの反応をみてて、私が不思議に思ったのは、これみた後のみんなのPepsiに対する見る目がゆるくなったってこと。人種差別とかでカリカリしていた人たちが依然怒ってはいるんだけど、これみて笑っちゃって、Pepsiに対して、やっちゃったなー困ったやつだなーみたいに変わってきていて、何事もなかなか予測するのは難しいなって感じがします。

しかしもう一度オリジナルのCM↑の方をみると、ホントなんかが欠けててチェック機能が働かなかったんだろうなと思います。気づかなかったのが不思議なくらい。さらにCMの中の警察のロゴがSFPD (San Francisco Police Department)のものを許可なく使っていたこともわかって(↓の記事)、SFPDもリーガルアクションを起こしそうな勢いです。Pepsiよ、それは初歩的なミスすぎるだろう。

しかしモデルとしては有名だったけど、カーダシアン家の中では地味な存在だったケンダルジェンナーはこの件で一気に有名になったかなあと思います。本人はトラウマとか言ってるけど(そりゃそうだ)、何がきっかけになるかはわからないですね。この ”かわいそうな立場に置かれちゃったけど、結局すごくその人が注目される” 流れになったはアカデミー賞のセレモニーで間違いがあったときの ”結局おいしいとこはエマストーンがみんな持ってった” 感じに似てるなと思います。アカデミー賞の受賞作間違い事件は仕組まれたことだとみる意見もあるみたいです。

しかしサタデーナイトライブ、いつもクールすぎるだろうw

Show your support

Clapping shows how much you appreciated Yumiko Higuchi’s story.