マンガでわかるDocker①と②」を読んでみて

Ai Minatogawa(@llminatoll)さんが技術書展で出されていたマンガでわかるDockerをBoothで買って読んでみた。

マンガでわかるDocker①

Dockerとは?
Dockerを使うと何が良いのか?
Dockerデーモンとの付き合い方
Dockerの基本コマンド

が書いてある。

普通の技術書と違うのは、Dockerが必要になった意味から始まり、何故使わなければいけないのか、他と比べて何が良いのか、試して見るための最低限についてだけ記載という風に楽しみながら読む(試す)ことができるように書かれているなと思った。

マンガでわかるDocker②

たい焼きを使ったDockerイメージとコンテナの関係
たい焼きを使ったDockerとVagrantの違い
Docker run のオプション説明
Dockerfile、Docker Hubの説明

とちょっと応用的な事が書いてある。

こちらも全ページマンガで説明されているので怖がることなく試しながら理解を深めていけると思う。

まとめ

Dockerって聞いたことあるけど公式ドキュメントどこから読めば良いのか分からない。技術書って開くと眠って時間が経ってるなどを経験したことがある人にはとても入門しやすいと思う。

実際に自分でコマンド打って試してみれば、他のコマンドやオプションにも興味が出てドキュメントにも手が出せるかもしれない。

抵抗感低くはじめれると思うので、これから触ってみようと思う方は是非買ってみると良いのではなかろうか。