「天才を殺す凡人」を読んでみて

hihihiroro
Mar 24 · 1 min read

天才を殺す凡人

車内広告でタイトルが気になって買ってみた。転職の思考法の方の本だった。前作と同じくストーリ仕立てで説明が書かれている。

本書では才能についてビジネスで大事なことについて3種類のプレーヤーに分けて書かれている。

  • 「創造性」で評価される
  • 秀才・・・「再現性」で評価される
  • 凡人・・・「共感性」で評価される

それぞれが何を大事な軸として活動しているか。

それぞれとどういった関係を気づくと良いか。

が、ハチ公の犬とサラリーマンとの会話形式でわかりやすく書いてある。数時間もあれば読めるので、人とうまくいかなくて悩んでる僕みたいな人は読んでみるのをオススメする。


空気を読めるようになって、共感の神か最強の実行者になりたい…