時間を管理する。

「時間がない。時間に追われる毎日」

今回は1日を考えるうえで、もっとも大事な物の一つ、時間について書こうと思います。

大事にしてますか?時間。

1日自分がなにをしていたかを考えてみます。

朝起きて、7時ぐらいですね。朝から犬の散歩に行き、朝ご飯を食べる。ここで7時30分。

通勤時間は30分ほど、8時には会社にいて、残業あわして、19時ぐらいまでは拘束されて、そこから趣味のゴルフの練習や、本を読んだり勉強の時間、自分のしたい事に費やせる時間は19時から就寝までになります。睡眠は7時間は欲しいので、12時には寝たいです。

という事は、この日は19時から24時の5時間を何かに費やせる。

という事になります。

どんな印象ですか?自分はとても少なく感じます。もちろん5時間以下の方もいると思います。

1日5時間をどう使うか。

毎日楽しみにしている、ドラマですか?

外食?飲みに行くですか?

もちろん、大事です。我慢をしている方がパフォーマンスは下がるだけですし。

大事なのは、1日のうち約5時間しかない事実。

自分のために、誰かのために。時間をどう使うかの選択を、毎日の習慣にする。

時間がないという言葉の本当の意味を知れる。

「時間がないを、時間が足らないに」

One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.