TwitterとFacebookのアカウントを統一してみた

こんにちわ@hiraritです。

突然ですがTwitterアカウントを変更しました。
これとあわせてFacebookアカウントも変更しました。

以前はこんな感じで別々でした。

変更前

Twitter hiran0
Facebook hiranotakanori

変更後

Twitter hirarit
Facebook hirarit

僕がTwitterやFacebookを始めた時点ですでに名字や名前や有名な単語は取得されていました。
この時点では両方ともhiranotakanoriに統一することも出来たのですが、
Twitterは文字数制限が厳しいので長いアカウント名は使いにくいなと。

しかし、hiran0を使い続けている限り常に

そう思われ続けてきた(と思い込んでいた)わけです。
ブログやネットの世界でもそうですが、
名刺や配付資料など、ちょっとしたスペースで自分を示す場合、
「@*****」と表記するのがスマートだなと。

そこで次のような条件で変更を検討しました。

  • 可能な限り短く
  • Facebookでも空いていて統一できる
  • ol01など紛らわしい文字を極力使わない
  • 音にしてなんとなく語呂がよい
  • 年号や誕生日などの数字を入れないhirano198*とか
  • 文字を数字に置き換えたりしない

hiran0の気に入らなかった点は0がOと見間違うことが多い点。
これは印刷物では結構致命的なので変える理由になりました。
本当はGmailもOutlook.comもドメインも……
と欲張り出すとキリがないのでFBとTwitterのみで妥協しました。

さて、Twitterアカウントを調べてみると見事に思いつくアカウントは取得済みです。
さすがに今からニックネームのようなIDをとることは難しいようです。

@kogureとか@miyawakiとか羨ましすぎる。
2007年頃に取得していたらこういうアカウントも夢ではなかったようです。

しかし、それから10年近くが経った現在では
そんな一般名称で空いているものを見つけるのは困難です。

そこで今からでもとれるアカウントを探す場合はどうすればいいのか。
僕が考えた結論は……

造語

これしかあるまいて。
ただし突然、僕がhogeruto(ほげると)とか名乗りだしても
身近な人でさえ誰やねんってなるわけです。

そういう意味ではこのブログのアカウントITmegane(@djiro作)は秀逸。
既存の単語の組み合わせで造語作るパターンですね。

そうなるとなんとなくあだ名やニックネームに近く、
かつちゃんと読めるものが望ましいのですが……
これがなかなか難しい。

こんな感じで出てきたのがhiraritです。
まぁ、ヒラリットは読みやすいかなと。
ヒヤリハットみたいですが。(調べたら使用済み
さりげなくITも入っているのもポイント。

ちなみにアカウントを決めて勢い余って新規登録しちゃダメですよ!
TwitterもFacebookもアカウント名変更機能がありますので。

長くなったので具体的な手順は次のエントリーにします。


Originally published at it-megane.me on January 28, 2015.

Show your support

Clapping shows how much you appreciated 平野隆則(ひらり〜)’s story.