2社から見る飛行機搭乗チケット問題の解決方法

これをユーザーストーリーで書くと

搭乗者として、チケットを持たずに飛行機(国内線)に搭乗したい。
なぜなら、チケットはなくしやすく、また荷物が増えるので持ちたくないからだ。

になるのかもしれない。が、その解決方法としてJALとANAが選んだ方法の違いが興味深いのでまとめてみる。

JALの場合

JALの場合、iOSアプリ”JAL Countdown”によって、これを実現しようとした。JAL Countアプリでは、プッシュ通知によってステータスを表示したり、チケットを表示したりすることができる。

飛行機では、さまざまな状況の変化で、搭乗口や搭乗時間が変わることがある。JAL Countdownアプリは、iBeaconという技術でもって空港待合室など、必要な場所にいるとプッシュ通知が届く仕組みを持っていて、その状況変化を教えてくれるようになっている。いまでは通知はApple Watchによって、手元に届くようになった。

JALは、アプリによってこれを実現しようとしている。

ANAの場合

ANAの場合、iOSに標準で搭載されているWalletにてそれを実現しようとした。

搭乗口や搭乗時間が変わっても、walletに通知を送ることで、iOSに標準搭載されている機能をつかって、通知を表示することができる。もちろん、Apple Watchでも通知を見られるようだ。

walletの機能で、設定している時間に搭乗用バーコードが付いたチケットをiPhoneのロック画面に表示させることができるので、チケットを取り出すのが非常に楽だ。

ANAは、iOS標準搭載のWalletを使うことによってこれを実現しようとしている。

まとめ

JALはアプリで、ANAはwalletで、それぞれ搭乗までの問題を解決しようとしている。アプリを使うか、walletを使うかは、いわゆる”手段”で、全体の設計(デザイン)の1パーツでしかない。

とはいえ、実際のところ飛行機に乗るたびに感じるのは、未だに「紙」のバーコードを使う人の多さだ。おそらく端末の普及率の問題ではないだろう。飛行機を含む、ツアー全体の設計(デザイン)の中に、配布可能な「紙」であることの必要性が眠っているような気がしてならない。

体験の全体デザインは、様々な状況があり、興味深くもある。

Like what you read? Give hiro a round of applause.

From a quick cheer to a standing ovation, clap to show how much you enjoyed this story.