三ヶ月でマイナス10Kg 自己流で十分

今日10月10日体育の日でスイム千日回峰行開始から丸三ヶ月。およそ10Kgの減量達成。まあこれだけやればどれだけ落ちるかってのは大体わかるが、大会という目標がない中での減量は初めてなので三ヶ月気力が持つかが心配ではあった。

最初の一ヶ月はみるみる落ちたが、ここ一ヶ月はなんとか1キロってところ。しかしまあ完全自己流でもきっちり目標の期日に目標体重まで落とすってのがキモ。自分にとって何をやるのが一番減量効果があるのか、一般的に言われているカロリー消費の目安は参考程度にしかならないってのが改めてわかった。

一般的な指標では早朝ランがおそらく一番効果的かつ効率的。確かにその時間のその運動だけ切り取るとカロリー消費は多いんだと思う。しかし早朝運動後の爆食い、そして日中もモリモリ食べてしまうことを考えると、1日トータルではかなりのカロリー摂取量。実際昨年はそれで減量失敗したし。

今回の自己流スイム千日回峰行は夜のスイムのみ。朝は丼飯の卵かけご飯とフルーツヨーグルトとかなり高カロリーながら昼はおにぎり1個と味噌汁のみ。というか昼はその程度しか入らない。3時のおやつもちょこっと採って、そのまま夜のスイム3000m〜4000m。その後にたっぷり美味しい夕食。これは本当にギブアップする位たっぷりで、同時にビールも最低1.5リットルは飲む。ただ、白ご飯はほとんど取らない。ビールかワインを飲みながらなのでおかず全てが酒のあてって感じ。

つまり自分にとってはスイムが一番減量効果があり、スイムをそこそこ泳ぎ込んでいれば食事・飲酒制限は全くせずに効率よくウェイトコントロールできるのだと改めて実感。

去年は三ヶ月以上も一日一食をやったけど自分には合わなかった。激しい運動しながらの一日一食は自分には向いてない。

ただ毎日欠かさずプール行くのは大変。行きさえすれば泳がざるを得ないのでなんとかなるけど、いわゆる「行」としてやっているので行きたくない気持ちを消し去る努力が大変です。