「ひとり暮らしの40代が日本を滅ぼす」という分析をしたのは…

AIだそうですよ!開発したのはあのNHK。AIを使ったNHKスペシャルの新シリーズ『AIに聞いてみた どうすんのよ!?ニッポン』で紹介されていました。NHKさんは、このAIに「ネブラ」という名前を付けたそうです。(番組途中でなぜか”ひろし”に)人類最古の天文盤「ネブラ・ディスク」から拝借したとのこと。このAIには、社会問題の解決を目指すという使命を持っています。

ネブラは、「5000種類×47都道府県×30年分、合計700万件超のデータを学習したAI」

膨大すぎるデータ量です!これだけのデータを学習して導き出した答えは、信用に値すると言っても過言ではないかもしれませんね。

さて、タイトルにある「ひとり暮らしの40代が日本を滅ぼす」という分析。具体的には、「40代ひとり暮らし」の増加は、「自殺者数」「餓死者数」「空き家数」「救急出動件数」などの増加し、「合計特殊出生率」「老人クラブ会員数」などが減少するという傾向が示されたからだそうです。このネブラが導き出した結果に、行政も驚きの反応を隠せなかった様子。

40代のひとり暮らしを減らす解決策は?

ネブラが導いた解決策は、「家賃を下げること」でした。家賃が支出に占める割合って馬鹿にならないですよね。自由に使えるお金がなくなり、結婚相手を探す気も無くなる…みたいな感じでしょうか。

AIが膨大なデータから読み取ったことで、面白い結果がでました。。AIは人の顔色をうかがうことや先入観や恐怖や緊張はないので、人間では考えつかない結果が出されたのです。そういえば、最近話題の将棋界の超新星・藤井四段も、AIを利用して将棋のトレーニングをしているとか。ある将棋解説者みたいな人が藤井四段が逆転のキッカケとなった指し手について、「あれはリスクが高すぎる。一つでも失敗したらとんでもないことになる。私、というより、ほとんどの棋士は怖くて打てないはず」と言ってました。しかし、AIに言わせると、それが最善の手だったという結果が出たそうです。

優秀なAIが「40代のひとり暮らしが日本を滅ぼす」と分析しましたが、因果関係が証明されていないので、あくまでも参考程度にしかなりません。「新たな視点からアドバイスをくれる友人」と思って、政策の参考にしてもらいたいですし、また、仕事においても上手に付き合うことで質と生産性を高めたいなと思いました。

One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.