家族への不満、自分への不満

気をつけないと家族に対する不満が出てきそうになる。
まぁ、当たり前っちゃ当たり前。
違う個体、違う人間同士が一緒に暮らしているのだから。

でもこの不満は別の所から来ているかもしれない。

俺の場合、単純に「妻とにゃんにゃんしたい」が叶わないから、
あちこちで不満に思いたくなるのかも。

片付けとか、色々思うところはあるけど、
究極はそこなのかな。

そう考えると妻がかつて思っていたであろう俺への不満は、
相当にキツイものが合ったろうと思う。

妻ごめんね。

Like what you read? Give ある社長の本音すぎるブログ a round of applause.

From a quick cheer to a standing ovation, clap to show how much you enjoyed this story.