ルヴァンカップ FC東京vs福岡@味スタ

昨日はルヴァンカップに。お客さん先から電車で直行して観戦。しかし京王線、くそみたいに混んでるね。あんまりこの沿線には住めないなあ。そういえば、嫌がらせのような緑の電車でした。

東京は代表に森重、丸山が抜かれ、センターバックは吉本、秀人のスクランブル体制。ボランチは野澤+草民で、右に河野、左にムリキ、トップ下に東でトップが前田という形。

前半、東京は精彩を欠いて0–0で終了。吉本-秀人の急造センターバックコンビは終始ばたばたしており、満足にボールをさばけない。草民は攻撃はいいけど守備は軽く、野澤はパスの精度が悪く攻守にわたって精彩を欠いた。徳永は相変わらず左で窮屈そうにしており、室屋は疲労の蓄積でぐったりしている感じ。福岡のほうがダニルソンあたりの中盤がしっかりキープしている分、内容としては上に思えた。ダニルソンを抑えるには草民+野澤では不足。やはりここに秀人を残しておいたほうが良かったのではないか。

前半途中、ムリキがセットプレーで傷んで中島翔哉投入。ムリキは膝をやっちゃった可能性が高いみたいで、、、長期にならないといいが。

後半、東のキープ→右の前田に展開→前田のシュート→キーパーはじく→翔哉詰める という形で得点。完全に崩したわけじゃないけど、翔哉はよく詰めてた。

しかし、Home&Away形式の1stlegという試合特性もあるんだと思うけど、得点後のチームの意思がはっきりしない。点を取りに行くのかいなすのか。交代投入の橋本拳人も例によって本能のままのプレーでスペースに穴をあけてしまう。水沼も同様。結果、福岡に付き合って行ったり来たりの展開に。ロスタイムまで何とか持ちこたえていたけど、最終的に福岡に追いつかれて1–1で試合終了。

なんとももやっとした試合でした。結果論だけど、選手の疲労具合を見ると、前のほうも少しターンオーバーしたほうがよかったんじゃないかな。何かあっても2ndで改善できるわけで、そういう意味では思い切った選手起用は1stlegの今回だったように思う。日曜日はどうするかね。徳永あたりは休ませて、諒也使ってほしいなあ。週末は1泊弾丸で福岡行くつもり。

Like what you read? Give ken hori a round of applause.

From a quick cheer to a standing ovation, clap to show how much you enjoyed this story.