What is “The Shell”?

Shell(シェル)とは、キーボードから入力されたコマンドを受け取り、それらを実行するためにOperating system (OS)に送信するプログラムのことである。

http://linuxcommand.org/lc3_lts0010.php を参照
UNIX / Linux の中核(kernel: カーネル)が管理している機能を用いて、ユーザは様々な処理を行っているのですが、カーネル自身はユーザと直接対話する能力を持っていません。そこで、ユーザと対話する能力を持ち、カーネルに対して操作のお伺いを立てる仲介役のプログラムが、ユーザとカーネルの間に存在してユーザは操作を行います。この仲介役プログラムは、ユーザから見てカーネルの周りをすっぽり覆っている「殻」(shell) のように見えることからシェルと呼ばれます。簡単に言えば、シェルは、ユーザが入力したコマンドを解釈してカーネルに処理を依頼し、その結果やメッセージなどを画面に表示する機能を持っているのです。
http://www.cc.kyoto-su.ac.jp/~hirai/text/shell.html より
ここでLinux・Unixとは?
WindowsやMac OS Xなどと同じ、Operating systemの1つです。OSはPCやスマートフォン、サーバーや組み込み機器を動かすためのソフトウェア。
https://blog.codecamp.jp/what-linux より

昔、shellはLinuxのようなUnix-like(Unix系)でのみ使われていた。

しかし、現在では、shellのようなcommand line interfaces (CLIs)や graphical user interfaces (GUIs)が使われている。

現在Linuxで、主なshellはbash(Bourne Again SHell)である。bashはUnix shell(sh)のアップグレード版のことである。

bashのほかには、ksh, tcsh and zshなどのshellがある。

※bashは2016年夏にWindowsに導入された?!!


Terminal

前回紹介したように、コマンドを用いてMacの操作や設定をおこなうためのプログラミングのこと。

初めての Terminal for Mac

そして、これはwindowを開いたりする・shellとの仲介の役割等をするプログラムのこと。

多くの種類があり、
gnome-terminal, konsole, xterm, rxvt, kvt, nxterm, and eterm がある。

ここでterminalのwindowに見てみる。
Shell prompt にはユーザー名とホスト名が表示される。

適当に打ってみる。今回は[kdkjflajfks]。

意味がわからないコマンドのため、エラーメッセージが表示される。

コマンドの選択

矢印を上下に動かすことで、過去に入力したコマンド(履歴)を選択できる。

※※
shell promptが$ではなく#であった場合、superuserとしてコマンドできる。これは管理者権限があることを意味する。これは少し危険かもしれません。なぜならシステム内のファイルを消したり書き換えたりすることができるからだ。必要がなければ、使うべきではない。


マウスの使い方

terminalのwindowの内容をscrollするためにマウスを使うほかに、テキストをコピーすることができる。左クリックをしながら、テキストの上をdragすることでhighlightされる。クリックを離し、真ん中のクリックを押すことでコマンドラインにコピーされる。

フォーカス

フォーカスをあわすとは、選択したいウィンドウを選択することである。

Linuxとそのwindow manager(Gnome or KDE)をインストールした時、昔のoperating systemの動作を試すことができる。

フォーカスを合わせたいときは、windowをクリックする。これはX windowと反対である。

マウスに合わせてフォーカスするべきである。

フォーカスを合わせたとき、windowが一番上に出ないことは、初めのほうは不思議かもしれないが、1つ以上のwindowを同時に扱うことができる。試してみて!!!


最後に

これで記事は以上です。

今回はshellについて、まとめました。
英語でプログラムを理解するのは、少し難しいことがあるが、だんだんと慣れてきた気がします。これから、読む・ブログを書くスピードを上げていき、もっと早く進めていきたいです。

早くアプリ作りたいな〜〜〜〜

Like what you read? Give Takayuki Horisawa a round of applause.

From a quick cheer to a standing ovation, clap to show how much you enjoyed this story.