映画「チア☆ダン 〜女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話〜」

福井県立福井商業高等学校のチアダンス部が全米チアダンス選手権大会で優勝した実話を、河合勇人監督が映画化した作品

全米優勝という結末が分かっている上で、廃部寸前だったチアダンス部の新入生達により、3年間かけて努力したことを伝えようとするスポ根系映画

チアダンスとチアリーディングは、競技内容が異なり、チアダンスは、ポンポンダンス、ラインダンス、ジャズダンス、ヒップホップの4種類を取り入れ、その表現力や完成度を審査する競技なのだそう。

おそらく凄まじいレベルの練習量だったであろう部分よりも、特に目標も無いままに入学してきた女子高校生達が、同じ目標に向かって努力し、そして挫折する姿を通じ、前代未聞の快挙を成し遂げる過程が描かれている。

この映画で、広瀬すずの「笑顔」は、他の役者と比べてもずば抜けて愛らしい笑顔を作ることが出来る女優だと感じた。

Show your support

Clapping shows how much you appreciated DANBO’s story.