映画「フェリシーと夢のトウシューズ」

エリック・サマー、エリック・ワリン監督によるフランス/カナダ制作の3Dアニメ作品

日本語吹替えは、土屋太鳳、黒木瞳、熊川哲也、夏木マリらが行っている。

また、振り付けをパリ・オペラ座バレエ団の芸術監督オレリー・デュポンらが手掛けている。

シンデレラストーリーではあるけれど、主人公の設定が悪女な少女なのが気にかかる。

また、ただダンスが好きなだけの少女が急激に成長するのは都合が良過ぎる気がした。

One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.