映画「ライフ」

ダニエル・エスピノーサ監督が制作したSFスリラー映画

国際宇宙ステーションが火星から回収した地球外生命体細胞が人を襲うとう設定で、宇宙ステーションという空間の中に閉じ込められ、死の恐怖に襲われるのだけど、そこに新しさがまったく感じられない。

そもそも、クラゲのような生命体が、あれだけ急速に成長し、人間を襲う理由も分からなかった。

ちなみに、この映画には真田広之が出演してます。

Show your support

Clapping shows how much you appreciated DANBO’s story.