映画「孤狼の血」

柚月裕子の小説「孤狼の血」を、アウトロー作品を得意とする白石和彌監督が映画化した作品

小説はミステリー作品とされているが、映画版は「仁義なき戦い」の刑事側から描いた脚本のように感じた。

暴力団系列の金融会社社員の失踪事件を追う刑事たちの姿を通して、簡単に無くならない組織の犯罪により、一般市民が巻き添えにならない道を模索し葛藤する刑事の正義を見せてくれる。

役所広司、松坂桃李らの演技も素晴らしかった。