映画「素晴らしきかな、人生」

デイヴィッド・フランケル監督の作品

ウィル・スミス主演で、ケイト・ウィンスレット、キーラ・ナイトレイ、エドワード・ノートン、ヘレン・ミレンなどが脇を固める

最愛の人を亡くした主人公の前に「愛、時、死」にそれぞれ扮した舞台俳優が現れる。

主人公だけでなく、同僚までもがその影響をうけるという物語

最後に、驚くべきクライマックスを迎えるけど、ちょっと有り得なさ過ぎる気がした。

Show your support

Clapping shows how much you appreciated DANBO’s story.